回線事業

25 の用例 (0.00 秒)
  • インターネットの上位回線事業者は上越ケーブルビジョンである。
  • この場合、電話会社がアクセス回線を提供する回線事業者であり構造は明解であった。
  • 回線性能や回線事業者の関係上、通信系の網構成を取るFTTHを利用するものが殆どであるが、ADSLなどの高速な電話線も利用するものもある。
  • インターネットの上位回線事業者はSTNetである。
  • この場合、フレッツは回線事業者に該当することになる。
  • 事業者が従来から保有してきた回線を活用したり、またはISP自体が積極的に回線を構築するなどにより、ISPが回線事業者を兼ねて一体化したサービスを提供することを強みとする事業者もある。
  • 都市部では、ブロードバンド回線事業者によるサービス展開競争が進み、ADSL・CATV・FTTHの複数サービス・複数事業者をユーザが選択できるようになっている。
  • これらの場合において、ISPと回線事業者との組み合わせが1対1であってISPを選択できないようなサービスの場合は、事業分界点としてのPOIは明確にならない。
  • この作業は、回線事業者によって電柱などの接地になされることが多いものの、場合によっては、建物内の接地に直接、もしくはバイパス用の保安器を通して接続が必要な場合もある。
  • 実際の運用では、回線事業者がエンドユーザのルーターに提供する最小単位は/64ブロックのことが多い。
  • ファイル転送で計測する速度は実アプリケーションから見た速度であって、通常は第3層以上の各種制御情報が付記される為、回線事業者の謳う回線速度より若干低い値となる。
  • また、回線事業者が契約者に貸し出すADSLモデムやONUといった接続装置の多くがルーター機能を持っている。
  • ADSLやFTTHにおいてはアクセス回線事業者とISPとが別々で2者に別れている場合があるが、そのブロードバンドサービス上で利用できるIP電話サービスについても同様に、ITSPが別の事業者に別れている場合もある。
  • このように、「電気通信回線設備を設置する事業者」を、ISPとの対比における「回線事業者」と呼んで、通信事業者の領域としてISPとは区別する場合がある。
  • 回線事業者は、POIからラストワンマイルを経てユーザー宅までの接続回線を提供する。
  • ただし、ISPや回線事業者は問わない。
  • ISPや回線事業者等のコア・バックボーン回線への接続に際し、発呼や認証などの手順を必要としない接続方法を言う。
  • また、アクトビラ、U-NEXT等は回線事業者やプロバイダを問わずVODサービスを利用できるが地上デジタル放送の再送信は提供していない。
  • しかし、全ての電話機が回線事業主の資産であったことから、4号M磁石式電話機を製造して短期で用途廃止となるのは不経済である。
  • これを最大限利用したのがADSL事業で、ヤフーBBやイー・アクセス、アッカ・ネットワークスなどの回線事業者がNTT東西の局舎内に装置を設置したりしている。
  • 次へ »