回線の帯域

11 の用例 (0.00 秒)
  • また、家庭への回線の帯域幅もどんどん拡大していった。
  • そのため、バックボーン回線の帯域の増大はISPの収益に直結している。
  • 一般的なコンシューマユーザのような、PCから直接インターネットに接続する環境ではあまり利用価値がないが、家庭内でもLANを組んで複数のPCが存在するような場合、インターネット接続回線の帯域節約などを目的として導入することには価値がある。
  • 最大で同時刻帯にアクセスのある視聴者数だけ個別にコンテンツを送出しなければいけないため、送出サーバや通信回線の帯域が多く必要とされる。
  • 電話などアナログ音声用の通信回線の帯域幅は通常3kHz程度しかなく、音声信号をPCMのような単純な符号化方法でデジタル化した場合に必要な帯域幅はこれよりずっと大きい。
  • 注意点としては、各種スピードテストにより数値化される指標は、通信回線の帯域幅や伝送路容量を表すものではなく、あくまでもネットワークまたはインターネット上の2地点間におけるネットワーク・スループットを数値化したものでしか無いことに注意が必要である。
  • サービス品目によっては、アクセス回線の帯域が他の複数の契約ユーザにより共有される。
  • プライマリ電話であるため、IP電話の品質クラス分類では「固定電話並みのクラスAの通話品質を安定して確保」されており、回線の帯域保証を満たされているケーブルテレビ事業者のみが提供している。
  • 普通の電話回線の帯域幅でこのデジタル信号を送ることは当時難しかったが、広帯域の電話線ケーブルを使えば42km程度の距離を伝送可能なことが分かったため、この装置はホワイトハウスと国務省、ペンタゴン、ラングレーのCIAや政府高官の自宅などの限られた場所に設置された。
  • しかし、P2Pによるファイル共有ソフトでは、基本的にクライアント間で行われる1対1の通信が基本となるため、通信の集約や負荷分散ができず、バックボーン回線の帯域を大幅に使用する。
  • 一般に、Webサイトなど送信専用サーバが集約されているサイトでは、Akamaiに代表されるCDNによるキャッシュサーバや代理サーバによってバックボーン回線の帯域を使用しないように負荷分散されている。