回線の向こう

29 の用例 (0.00 秒)
  • 回線の向こうで相手がとまどっているのが感じられるような気がする。 友野詳/高井信/山本弘『妖魔夜行 鳩は夜に飛ぶ』より引用
  • 回線の向こうの神代博士は、抑制されたなかにも緊張を帯びた声で答えた。 九里史生『SAO Web 0408 エピローグ』より引用
  • 電話回線の向こうのカンナは、おそらくそうは受け取らなかっただろう。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用
  • でも、見えない電話回線の向こう側で、彼が走りだしたのを鮮明せんめいに見た気がした。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • メイスンは回線の向こうで彼女が荒々しく受話器を置く音を聞いた。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • 名乗ると、回線の向こうからは女性のわめくような声が聞こえてきた。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • と回線の向こうで、年齢不詳の男のものらしい、もそもそした声が聞こえた。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • 回線の向こうから、斜めにゆがんだようなうめき声が聞こえてきた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 回線の向こうから、歯切れのよい男の声が伝わってきた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 回線の向こうで乱暴に電話を切る音がはっきりと聞こえた。 ガードナー/池央耿訳『緋の接吻』より引用
  • すると回線の向こうで男が唐突に笑い出した。 乾くるみ『リピート』より引用
  • はずんだ声が回線かいせんの向こうから伝わって来た。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • テレポーターと称する彼はインターネット回線の向こう側の手の届かない世界にいる。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第04巻 jini使い』より引用
  • 回線の向こうには、妻が生まれた寒い土地がある。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • 回線の向こうで、男は微かに笑ったようだった。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 電話回線の向こうにいる俊太は、百六十三台のパソコンを並べた例の部屋で、丸一昼夜を過ごしていた。 吉村達也『トンネル』より引用
  • 音声だけの男が、回線の向こうで鼻をらした。 賀東招二『フルメタル・パニック!09 つどうメイク・マイ・デイ』より引用
  • ノイズ混じりの回線の向こうで、宗介の声が応じた。 賀東招二『フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)』より引用
  • だから回線の向こうから聞きおぼえのない声が届いてきても、青木は戸惑いも覚えずに平静な受け答えをしていた。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • かさねて尋ねようとするひさぎの声をさえぎり、女は回線の向こうでくすりと笑った。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用
  • 次へ »