回数

全て 名詞
7,367 の用例 (0.01 秒)
  • 電話をかけてきてくれる回数=愛情の深さだと思っていたころがあった。 姫野カオルコ『愛は勝つ、もんか』より引用
  • 全国に公演回数が増加していることから、漫画制作がさらに遅れている。
  • 個人差こそあれ、一日に飛ぶ回数は多くて百本といったところだろうか。 森絵都『DIVE!! 下 (RubyMate変換)』より引用
  • 俺は心の中で回数を数えながら、その場でゆっくりと腕立て伏せをした。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用
  • 超獣や侵略宇宙人に襲撃されたり、Aと超獣の戦場となった回数も多い。
  • 有効区間が阪急線内のみとなる場合は回数券カードでの発売も行っている。
  • きみは、あの船の出入口に開閉回数記録器がついていたのに気づいたか? E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ1) 銀河パトロール隊』より引用
  • 防衛大は基地から離れているので実技の回数にも制限があったからだ。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • 定められた回数より多くのパスをしたプレイヤーはその時点で負けである。
  • さほど回数は多くないが、忘れた頃にブラリと顔を見せる客なのである。 山田正紀『弥勒戦争』より引用
  • この特殊攻撃は何らかの方法により使用回数の制限がなされている。
  • だが、どうやら他人に軽視される回数が少しばかり平均より多いらしい。 半村良『夢の底から来た男』より引用
  • たしかに普通一般の人よりは、旅行の回数はずっと多いのだけれども。 ニコル『C・W・ニコルの野性記』より引用
  • これからもどうせずっと来ることになるだろうから、回数券を買った。 北野勇作『人面町四丁目』より引用
  • 交通費は樋口さんが羽貫さんからもらった回数券で支払ってくれました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 萌も千花と一緒でなくてはと、同じ回数ぐらいしか来ていないだろう。 林真理子『野ばら』より引用
  • 北九州にいた十二年間に、僕が平和台に行けた回数はそう多くはない。 赤瀬川隼『人は道草を食って生きる』より引用
  • 中世の文学や料理の本を読んでいて、うなぎの登場回数の多さに驚く。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • その違いもどうでもよくなるような、とにかくたいへんな回数だった。 岸本葉子『30前後、やや美人』より引用
  • いかに回数券をくれた張本人ちょうほんにんとはいえそれだけでここにいる理由にはならん。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第08巻』より引用
  • 次へ »