回戦総当り

97 の用例 (0.01 秒)
  • Aリーグ・Bリーグに別れていて、それぞれで1回戦総当りを実施する。
  • なお2007年までは8チームによる1回戦総当りルールを採用していた。
  • グループリーグの試合はセントラル方式による1回戦総当り制で開催される。
  • リーグは全て4月から12月にかけて1回戦総当り制で開催される。
  • 沖縄県社会人リーグは3部構成となっている全てのカテゴリで1回戦総当りで行う。
  • 千葉県社会人リーグは3部構成で構成される全てのカテゴリで1回戦総当りで行う。
  • 大会は6チームによる1回戦総当り戦による勝敗数で順位を決定する。
  • グループリーグでは参加6カ国による1回戦総当り制により5試合を戦う。
  • 参加した6カ国を3カ国ずつ2グループに分け、1回戦総当り制で戦う。
  • リーグは10チームで構成され、2回戦総当りで成績を決定する。
  • スーパーファイナルではまず、2グループに分かれて1回戦総当りで行う。
  • リーグは12チームで構成され、2回戦総当りの計22試合を戦う。
  • 所属している10クラブによるホーム・アンド・アウェー3回戦総当り。
  • 各グループごとに1回戦総当り方式で試合が行われた。
  • 富山県社会人リーグは4部構成となっている全てのカテゴリで1回戦総当りで行う。
  • リーグ戦は毎年7月から12月にかけて、2回戦総当りで行われる。
  • リーグは8チームで構成され、4回戦総当りで計28試合を戦う。
  • リーグは全て5月から11月にかけて開催され、それぞれ1回戦総当り制で行われる。
  • リーグ戦の方式としては、前年と同様に2シーズン制を継続し、各ステージごと1回戦総当り方式となった。
  • 参加した8カ国は4チームずつ2組グループに分け、1回戦総当り制で戦う。
  • 次へ »