回戦総当たり

82 の用例 (0.00 秒)
  • 男女ともに2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。
  • 出場16チームを4グループに分けて1回戦総当たり方式で行われた。
  • 大会は北東北3県と南東北3県に分かれ2回戦総当たりのリーグ戦を開催する。
  • 前大会までの3回戦総当たりから2回戦総当たりのリーグ戦形式に変更された。
  • 女子は2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。
  • これまでの2回戦総当たりリーグ戦から3回戦総当たりのリーグ戦形式に変更された。
  • 男子4回戦総当たり、女子3回戦総当たりのレギュラーラウンドを行う。
  • 年間総得点17も2回戦総当たりではリーグ最低記録となった。
  • 第4回日本女子サッカーリーグは、前年同様10チーム2回戦総当たりで行われた。
  • 出場12チームを2組に分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行う。
  • 前回の決勝トーナメントにかわり、1回戦総当たりの決勝リーグに改められた。
  • 現在 10チームによる一回戦総当たりで行われる。
  • 通算成績4位までのチームによる1回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。
  • 各グループの4チームはホーム・アンド・アウェーの2回戦総当たり戦を実施する。
  • 両リーグともに3回戦総当たりで行われた。
  • 参加11チームにより1回戦総当たりのリーグ戦を行う。
  • リーグ戦は前期・後期の2回戦総当たりで行われる。
  • 関西サッカーリーグ1部と2部に所属する全16チームを4つの組に分かれ1回戦総当たり方式の予選リーグを行う。
  • 参加6チームによる2回戦総当たりのリーグ戦を行う。
  • この地区予選によるアジア地区の出場枠は1枠であり、5カ国による1回戦総当たりのリーグ戦により実施された。
  • 次へ »