回戦総

178 の用例 (0.00 秒)
  • 男女ともに2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。
  • Aリーグ・Bリーグに別れていて、それぞれで1回戦総当りを実施する。
  • 出場16チームを4グループに分けて1回戦総当たり方式で行われた。
  • 大会は北東北3県と南東北3県に分かれ2回戦総当たりのリーグ戦を開催する。
  • 前大会までの3回戦総当たりから2回戦総当たりのリーグ戦形式に変更された。
  • 女子は2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。
  • なお2007年までは8チームによる1回戦総当りルールを採用していた。
  • グループリーグの試合はセントラル方式による1回戦総当り制で開催される。
  • これまでの2回戦総当たりリーグ戦から3回戦総当たりのリーグ戦形式に変更された。
  • 男子4回戦総当たり、女子3回戦総当たりのレギュラーラウンドを行う。
  • リーグは全て4月から12月にかけて1回戦総当り制で開催される。
  • 沖縄県社会人リーグは3部構成となっている全てのカテゴリで1回戦総当りで行う。
  • 千葉県社会人リーグは3部構成で構成される全てのカテゴリで1回戦総当りで行う。
  • 大会は6チームによる1回戦総当り戦による勝敗数で順位を決定する。
  • グループリーグでは参加6カ国による1回戦総当り制により5試合を戦う。
  • 年間総得点17も2回戦総当たりではリーグ最低記録となった。
  • 参加した6カ国を3カ国ずつ2グループに分け、1回戦総当り制で戦う。
  • 第4回日本女子サッカーリーグは、前年同様10チーム2回戦総当たりで行われた。
  • リーグは10チームで構成され、2回戦総当りで成績を決定する。
  • 出場12チームを2組に分け、1回戦総当たりのリーグ戦を行う。
  • 次へ »