回戦敗退

230 の用例 (0.01 秒)
  • 全仏選手権は1935年の1度出場したのみで、2回戦敗退に終わった。
  • 両方とも1回戦敗退に終わり、海外の4大大会では成績を出せなかった。
  • 全仏オープンは予選2回戦敗退に終わり、全仏の本戦には届かなかった。
  • そのかいあって毎年一回戦敗退していたチームを市内3位まで導く。
  • かつては強豪校だったが、近年は一回戦敗退が常となっていた。
  • 全仏オープンからは早く撤退し、最後の出場は1972年の4回戦敗退であった。
  • 同年の第1回明治神宮野球大会では東海大に敗れ、2回戦敗退に終わった。
  • 全仏選手権は戦前の1938年に1度出場したのみで、3回戦敗退に終わっている。
  • それから全米選手権にも初出場したが、最初の全米挑戦は1回戦敗退に終わった。
  • プレーオフには進出したが、2シーズン連続で1回戦敗退となった。
  • ウィンブルドンでの1回戦敗退を最後に、26歳で現役を引退した。
  • 星稜は秋のべにばな国体に、2回戦敗退ながらも異例の選出となった。
  • 結婚の年を最後に、彼女は全仏選手権と全米選手権から撤退するが、最後は両大会とも3回戦敗退で終わった。
  • 活動初年度の2012年には第38回社会人野球日本選手権大会予選に初参加したが1回戦敗退した。
  • プレイオフには進出するものの、1回戦ないし2回戦敗退が長く続いた。
  • 男子部は、要が入部するまでは、5年連続1回戦敗退の弱小チームだった。
  • この敗戦は彼女にとって初めてのグランドスラム大会での1回戦敗退であった。
  • しかし、ここでも怪我人に泣かされ一回戦敗退となった。
  • 保坂の甲子園での戦績は、3年連続2回戦敗退という結果に終わった。
  • しかし、帰国後の全米選手権ではシングルス1回戦敗退に終わった。
  • 次へ »

回戦敗退 の使われ方