回戦制

71 の用例 (0.01 秒)
  • 決勝戦は前回大会と同様、ホーム・アンド・アウェーの2回戦制となる。
  • 当初は2回戦制で行われており、ボール型の優勝トロフィーは2分割できるように作られていた。
  • 前年まで5回戦制であったが、この年より7回戦制となった。
  • この年より東西二地区制となり、各リーグの東西二地区の優勝チームによるリーグチャンピオンシップシリーズが5回戦制で行われリーグ優勝を決める方式となった。
  • 決勝戦は前年度までと異なり、ホーム・アンド・アウェーの2回戦制となる。
  • ファイナルシリーズのすべての試合は1回戦制で開催され、リーグ成績の上位チームがホームスタジアムで試合を開催することとなった。
  • また、年度によっては上記の形式でプレーオフが行われず、中立地開催の1回戦制の試合となることもある。
  • 女子リーグは、今年も6チーム総当たり3回戦制で10月29日に開幕した。
  • この年は準プレーオフが5回戦制で実施された。
  • 参加選手が極端に少なかったため、抽選も32人の選手による5回戦制であった。
  • 当時の全豪オープン男子シングルスは、64名の選手による6回戦制で行われていた。
  • 当初は5回戦制であったが、から現在の7回戦制となる。
  • アメリカ代表との二カ国対抗戦という形ではあったが、5回戦制のこの大会を4勝1敗で勝ち、最初の優勝国となった。
  • 男子リーグは今年度も8チーム総当たり2回戦制で、11月12日に開幕した。
  • 同様に第90回記念大会も最大8回戦制である都道府県のうち先述の6府県だけが2校に拡大されている。
  • 決勝戦も1試合のみの開催であるが、2002年から2006年まではホーム・アンド・アウェイ方式の2回戦制で行われていた。
  • 第2次世界大戦の戦火が迫ってきたため、この全仏選手権は男女とも出場選手が非常に少なく、男子シングルスは「55名」の選手による6回戦制で実施された。
  • ホーム・アンド・アウェーでの2回戦制で行われ、勝利数の多い方が勝者となり、次年度四国リーグ所属となる。
  • 興行面を考えてのものであったが、準プレーオフが長すぎるという意見が続出したため、2006年と2007年は3回戦制に戻っている。
  • 当初は12クラブの場合は4回戦制も検討していたが、3回戦制にした理由については、悪天候時の予備日の確保に加え、試合自体の質の向上を目的に試合の間隔を広げて行う、夏の時期のデーゲームの対応を踏まえ、日程の編成自体に余裕を持たせるためだと説明している。
  • 次へ »