回戦まで勝ち進み

20 の用例 (0.00 秒)
  • 石川高校では1975年の夏の甲子園に出場し、二回戦まで勝ち進んだ。
  • この年は、彼にとって唯一の全仏選手権出場があり、この大会でも4回戦まで勝ち進んだ。
  • この時は地元フランスのセドリック・ピオリーンとの4回戦まで勝ち進んでいる。
  • この年もソロホームランを放つなどして3回戦まで勝ち進んだ。
  • 全仏オープンの本戦ではスベトラーナ・クズネツォワとの3回戦まで勝ち進んだ。
  • その少し前、奨励会三段のときに、第9回古豪新鋭戦で4回戦まで勝ち進んでいる。
  • 福島商3年生時のに夏の甲子園にエースとして出場し、3回戦まで勝ち進んだ。
  • デ杯直後の全仏選手権で4大大会にデビューし、この時はヘンリー・ビリントンとの3回戦まで勝ち進んだ。
  • 最後の年も、ウィンブルドンではエレニ・ダニリドゥとの3回戦まで勝ち進んでいる。
  • 第58回NHK杯戦で本戦3回戦まで勝ち進むが、佐藤康光に敗れる。
  • 中国の国内選考会で強豪選手を次々と倒し代表に選出されたカットマンの胡麗梅は、世界ランクが付いていなかったため予選からの出場となったが、圧倒的な強さで1ゲームも奪われることなく3回戦まで勝ち進んだ。
  • その後、チーム11年ぶりとなるウィンターカップ出場にも貢献し、2回戦まで勝ち進む。
  • 同年に全米選手権に2年ぶり2度目の出場をした時も、第8シードのロイス・フェリックスとの3回戦まで勝ち進んでいる。
  • 続くウィンブルドンでもセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで勝ち進み、女子テニス国別対抗戦・フェドカップのフランス代表選手にも初選出され、準決勝と決勝でそれぞれシングルス2試合に起用された。
  • 予選3試合を勝ち上がり、本戦でもエレナ・ドキッチとの3回戦まで勝ち進んだ。
  • 続く全米オープンでも、ツォンガは3回戦まで勝ち進んだが、この時の2回戦でティム・ヘンマンの4大大会最後の対戦相手になっている。
  • 続く全米オープンも予選を勝ち抜き、モニカ・セレシュとの3回戦まで勝ち進んだ。
  • カリフォルニア大学に進学したブラウンは、1942年に20歳で全米選手権に初出場し、ガードナー・ムロイとの3回戦まで勝ち進んだ。
  • 全米オープンでは本戦直接出場選手として、エレーナ・デメンチェワとの4回戦まで勝ち進んだ。
  • この大会では、サンプラスは第11シードのジェイ・バーガーとの4回戦まで勝ち進んだ。