回戦で第

156 の用例 (0.00 秒)
  • この大会では2回戦で第2シードのマリア・シャラポワに敗退している。
  • 全仏オープンで初めて4大大会の勝利を挙げ3回戦で第1シードのマルチナ・ヒンギスに挑戦した。
  • 地元の女子選手として主催者推薦を受け、3回戦で第2シードのマルチナ・ヒンギスに挑戦した。
  • 大会前年優勝者として臨んだ1999年の全仏オープンでは、4回戦で第13シードのアンドレ・アガシに敗れた。
  • 予選を勝ち上がり、本戦の4回戦で第1シードのシュテフィ・グラフに挑戦した。
  • 全豪選手権で優勝した年、彼女はウィンブルドン選手権にも初遠征したが、4回戦で第7シードのサラ・ファビアンに敗れた。
  • 同年の全米オープンで4大大会にデビューし、2回戦で第1シードのセリーナ・ウィリアムズに挑戦した。
  • マコはこの大会の男子シングルスではノーシード選手であったが、3回戦で第6シードのフランク・コバックスを破って波に乗り、初めての決勝進出を決めた。
  • 同大会のシングルスでは、マグラスは2回戦で第10シードの伊達公子に敗れている。
  • 同年の全仏オープンで4大大会にデビューし、全仏オープンでは予選の3回戦で止まったが、ウィンブルドンで予選3試合を勝ち上がって初の本戦出場を果たし、本戦2回戦で第6シードのアメリ・モレスモに挑戦した。
  • この後、全仏オープンで4大大会にデビューし、予選3試合を勝ち抜いた後、2回戦で第2シードのリンゼイ・ダベンポートに初挑戦した。
  • しかし、1996年全豪オープンでは1回戦で第5シードの伊達公子に敗れている。
  • 同年の全仏オープンで4大大会にデビューし、全仏では1回戦で敗退したが、ウィンブルドン3回戦で第1シードのシュテフィ・グラフに挑戦した。
  • また2008年全仏オープンにおいても、3回戦で第10シードイギリスのアンディ・マリーを破る等の活躍で4大大会自己最高のベスト8進出を果たす。
  • 予選3試合を勝ち上がったキリレンコは、いきなり本戦3回戦で第5シードのアメリ・モレスモに挑戦した。
  • 同年の全米オープンで4大大会にデビューした時、予選3試合を勝ち上がって本戦に進出したが、本戦1回戦で第1シードのジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れた。
  • 同年の全米オープンで初めて4大大会の予選会を通過し、本戦1回戦で第9シードのスベトラーナ・クズネツォワに敗れる。
  • デュリーは比較的長く現役生活を続行したが、1995年のウィンブルドン2回戦で第4シードのヤナ・ノボトナに敗れた試合の後、35歳で現役を退いた。
  • しかし1回戦で第8シードのスウェーデンのステファン・オルソンと対戦し0-2で敗れた。
  • この大会では1回戦で第27シードのニコラス・アルマグロを破って波に乗り、一気にジェームズ・ブレークとの4回戦まで勝ち進んだ。
  • 次へ »