回戦で日本

35 の用例 (0.00 秒)
  • 同年のウィンブルドンでは、予選1回戦で日本の森上亜希子に敗れたことがある。
  • 準決勝ではアンリ・コシェに敗れたが、その勝ち上がりの過程では、4回戦で日本の佐藤次郎を破った勝利がある。
  • ワールドトーナメントではブラジル代表のキャプテンを務め、5回戦で日本と対戦した。
  • 本大会ではグループリーグでイラクに次ぐ2位となり決勝トーナメントに進出するも、決勝トーナメント一回戦で日本にPK戦の末敗れた。
  • また、1936年にドイツで開催されたベルリンオリンピックにも出場したが、1回戦で日本に2-3で敗れた。
  • シールズが監督を務めた年、米国チームは「アメリカン・ゾーン」の1回戦で日本チームと対戦した。
  • 続くウィンブルドンでは、2回戦で日本の雉子牟田直子に敗退する。
  • やがてスコバにも年齢的な衰えが訪れ、1995年のウィンブルドンではシングルス2回戦で日本の神尾米選手に敗れてしまう。
  • この年のバルトリは、全仏オープン1回戦とウィンブルドン3回戦で日本の杉山愛に連敗した。
  • ウィンブルドンでは、4回戦で日本の青木岩雄に第2セットを許したが準々決勝以後の3試合はすべてストレート勝ちを収める。
  • 初めて姉妹ダブルスで4大大会に出場した1998年全豪オープンでは、3回戦で日本の雉子牟田直子&宮城ナナ組に敗れている。
  • 女子ではアンナ・ティホミロワが2回戦でイタリアのタン・モンファーディニを破り、3回戦で日本の福原愛と対戦したが0-4のストレートで敗れた。
  • 初めて姉妹ダブルスで4大大会に出場した1998年全豪オープンでは、3回戦で日本の雉子牟田直子&宮城ナナ組に敗れるなど振るわなかったが、1999年全仏オープンの女子ダブルス決勝でマルチナ・ヒンギス&アンナ・クルニコワ組を破って初優勝して以来、姉妹で組めば無敵の強さを誇っていた。
  • 世界ランク1位で迎えた2012年のロンドンオリンピックの個人フルーレでは3回戦で日本の太田雄貴に14-14と追いつかれ延長戦に持ち込まれたが、15-14で破った。
  • 大会第3シードに選ばれた全仏オープンでは、1回戦で日本の森上亜希子に 2-6, 2-6 のストレートで敗れている。
  • この後、全米オープンでは3回戦で日本の浅越しのぶに 4-6, 4-6 で敗れた。
  • しかし、1933年全米選手権の男子シングルス3回戦で日本の布井良助に敗れるなど、シングルスの成績は下降線をたどり始める。
  • 同年5月19日、スーパーウェルター級8回戦で日本同級7位として日本ミドル級5位・OPBFミドル級12位の中堀智永と戦い、ボディへの一撃で自身初の2戦連続となる1回KO勝利を収めた。
  • ドマホフスカは予選3回戦で日本の森田あゆみを破り、1年ぶりの4大大会本選復帰を決めると、本戦でも初めての4回戦に勝ち進んだ。
  • ダブルスではウィンブルドンと全米オープンの2大会連続で、1回戦で日本ペアの浅越しのぶ&宮城ナナ組に連敗している。
  • 次へ »