回戦で敗退

158 の用例 (0.00 秒)
  • プレーオフに出場できた年は1回戦で敗退というシーズンが続いていた。
  • 全米オープンでは1回戦で敗退するなどシーズン後半は調子を落とした。
  • 本山の娘も出場していたが、中学二年のその娘は、二回戦で敗退していた。 高杉良『生命燃ゆ』より引用
  • そのせいか、二年二組のチームは二回戦で敗退はいたいしてしまった。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集03 自慢にならない三冠王?』より引用
  • 高校で投手に転向し、2年夏は2回戦、3年夏は一回戦で敗退している。
  • 似合わないキャプテンマークを付けさせられたが、一回戦で敗退した。 野沢尚『龍時(リュウジ)01─02』より引用
  • パンアメリカン競技大会本大会にフェザー級で出場するが1回戦で敗退した。
  • 前年の全国大会で初出場するが一回戦で敗退した。
  • しかし、大会前年優勝者として臨んだ全米オープンでは1回戦で敗退した。
  • チームは地方大会の1回戦で敗退し、本人も野球の道を断念した。
  • 大将の森が引き分けとなり、この年元洲中学は二回戦で敗退した。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • オリンピックには1924年のパリ大会にもエントリしたが2回戦で敗退した。
  • その後右肘を故障、3年で復帰したものの、夏は県大会3回戦で敗退した。
  • 全国大会には1番右翼手として4年春の大学選手権に出場したが2回戦で敗退した。
  • 西高の三人はいずれも一回戦で敗退した。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • しかし、初の選手権大会出場を目指した3年夏の県大会では初戦の3回戦で敗退している。
  • ちなみにこの年は、M-1グランプリの予選も三回戦で敗退している。
  • 武蔵野第一高校は西浦と同地区の毎年一回戦で敗退するような学校だったが、主人公たちが高校に入学する前年の秋からいきなり躍進してきた。
  • この年チームはプレイオフに進出したが1回戦で敗退した。
  • セリーナが4大大会の1回戦で敗退したのは初めてであった。
  • 次へ »

回戦で敗退 の使われ方