回戦で当年度

7 の用例 (0.00 秒)
  • グランドスラムのデビュー戦では、1回戦で当年度のウィンブルドン準優勝者マーク・フィリプーシスに敗れた。
  • この大会で、ディ・パスカルは1回戦でニコラス・キーファー、3回戦で当年度の全仏オープン準優勝者マグヌス・ノーマン、準々決勝でフアン・カルロス・フェレーロと、格上の選手たちを次々に破って勝ち進んだ。
  • この大会では4回戦で当年度の全仏オープン優勝者マイケル・チャンに快勝したが、初めての準々決勝では第1シードのイワン・レンドルに 4-6, 0-6, 1-6 で一方的な完敗に終わった。
  • この大会では、2回戦で当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスを 6-2, 6-4 で破る勝利を挙げ、3回戦でもエストニアのカイア・カネピに勝ち、7度目の挑戦で初めて4大大会3回戦の壁を破った。
  • しかし、2006年全豪オープンでは1回戦で第2シードのキム・クライシュテルスと当たってしまい、続く大会にあたる日本の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは、1回戦で当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスに 0-6, 0-6 で敗れた。
  • 予選3試合を勝ち抜いたチャクベタゼは、本戦1回戦でバルバラ・シェット、2回戦で当年度の全仏オープン優勝者アナスタシア・ミスキナを破る金星を挙げたが、3回戦でエレニ・ダニリドゥに敗れた。
  • 本大会では3回戦で当年度の全仏オープン準優勝者、第12シードのロビン・セーデリングに 2-6, 5-7, 7-6, 1-6 で敗れ、2年連続のベスト16入りはならなかった。