回戦で大会前年

6 の用例 (0.00 秒)
  • サンプラスが初めて脚光を浴びたのは、1989年全米オープンの2回戦で大会前年優勝者のマッツ・ビランデルを破った試合である。
  • ゲルレイティスは4回戦で大会前年優勝者のアーサー・アッシュを破ったが、続く準々決勝でラウル・ラミレスに敗れた。
  • 同年5月末の全仏オープンで予選を勝ち上がったサフィンは、本戦の1回戦でアンドレ・アガシ、2回戦で大会前年優勝者のグスタボ・クエルテンを破る大活躍で有名になった。
  • パサレルは2年前の1967年、ウィンブルドンの1回戦で大会前年優勝者のマニュエル・サンタナを「オープニング・マッチ」で破り、同選手権で史上初の番狂わせを演じた人である。
  • バイディソバは4回戦で大会前年優勝者のアメリ・モレスモを破ったが、続く準々決勝でアナ・イバノビッチに 6-4, 2-6, 5-7 で逆転負けした。
  • 全米オープンで「第30シード」を得たラドワンスカは、1回戦で日本の森上亜希子に勝ち、3回戦で大会前年優勝者のマリア・シャラポワを 6-4, 1-6, 6-2 で破る勝利を挙げたが、4回戦でシャハー・ピアーに 4-6, 1-6 で敗れた。