回戦でフランス

30 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、世界選手権では4回戦でフランスのウゴ・ルグランに崩上四方固で敗れた。
  • 北京オリンピックには従来の57kg級で出場するものの、2回戦でフランスのバーバラ・アレルに技ありで敗れてメダルを獲得できずに終わった。
  • この大会で1回戦を突破し、2回戦でフランスの先輩選手アメリ・モレスモに挑戦する。
  • 集中力・判断力を欠きながらも初戦は突破したものの、3回戦でフランス代表のパスカル・タイヨに横四方固で一本負けを喫す。
  • その後、1986年のワールドカップ・メキシコ大会でも指揮を執ったが、決勝トーナメント1回戦でフランスに破れた責任を取り辞任した。
  • アトランタではセルジ・ブルゲラとの3回戦まで進出したが、シドニーでは1回戦でフランス代表のアルノー・クレマンに敗れている。
  • ローゼンバウモワはイギリス代表のアーチボルド・ワーデンと混合チームを組み、ここでは1回戦でフランスペアを破って準決勝に進んだ。
  • メリジェニは2002年までクエルテンとともにデビスカップでブラジルをリードし続けたが、2003年の全豪オープン1回戦でフランスのセバスチャン・グロジャンに敗れた試合が最後の4大大会出場になった。
  • フェデレーションカップの後、バルセロナ五輪にもポーランド代表選手として出場したが、シングルス1回戦でフランス代表のジュリー・アラールに敗れた。
  • その後UEFAカップへと回り1回戦でフランスの強豪オリンッピック・マルセイユを下すも、続く2回戦のリーグで敗退している。
  • ベルギーはこの年にフェドカップでも好成績を挙げ、世界最上位の8ヶ国による「ワールドグループ」1回戦でスペイン・チームを5戦全勝で破ったが、2回戦でフランス・チームに敗れた。
  • 最後の4大大会出場となった同年の全米オープンでは、1回戦でフランスの予選勝者マリオン・バルトリに 3-6, 1-6 で敗れている。
  • 河野が3回戦でイギリスのニール、4回戦でフランスのビローショーを破り準々決勝に進んだ。
  • UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦でフランスのリヨンと対戦し、2試合合計1-2で敗れ去った。
  • 同年にはソウルオリンピックの代表に選ばれ、シングルスで2回戦でフランスのアンリ・ルコントを破り3回戦まで進出、ダブルスでは1回戦でインドのビジャイ・アムリトラジとアナンド・アムリトラジのペアに敗れた。
  • ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップ本大会グループリーグではウクライナに4-0で、チュニジアに3-1で、サウジアラビアに1-0で勝利して決勝トーナメント進出を決めたが、決勝トーナメント1回戦でフランスに1-3で敗れた。
  • ロンドン五輪では、シングルスは2回戦でフランス代表のモーリス・ジェルモーに敗れ、オットー・フロイツハイムと組んだ男子ダブルスでは2回戦で南アフリカ代表のハロルド・キトソン&ビクター・ゴーントレット組に敗れた。
  • 北京五輪で2度目のオリンピックに出場したが1回戦でフランスのアルノー・クレマン&ミカエル・ロドラ組に 4-6, 4-6 で敗れた。
  • シングルスは1回戦でフランスのデフェールを、2回戦でギリシャのコンスタンティノス・アクラトポウロスを、準決勝でハンガリーのモムシロ・タパヴィツァをそれぞれ破り、イギリスのジョン・ピウス・ボーランドとの決勝戦に臨んだ。
  • その後、福田はパリ五輪にも日本代表選手として参加したが、4回戦でフランス代表のアンリ・コシェに 2-6, 1-6, 3-6 で敗れ、ダブルスでも2回戦敗退に終わった。
  • 次へ »