回想

全て 名詞
5,675 の用例 (0.01 秒)
  • しかしそうした後悔よりも、今朝の母の態度の方に回想が移って行った。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 回想はある都会風の二階座敷の方へおげんの心を連れて行って見せた。 島崎藤村『ある女の生涯』より引用
  • 今から回想してみるとそのころの世界はまるで夢のようであった。 徳田秋声『縮図』より引用
  • この点は作家としての回想の中にも書き洩せないことだと思って居ります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • まるでもう一つの生涯を畢えて回想に耽けっているもののようであった。 原民喜『夢と人生』より引用
  • そんな風にこの日の出会いを回想できたかも、彼はしれなかったのだ。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 口の中にいつのまにこんな傷ができていたのかと、退屈な回想にふけった。 岩井志麻子『楽園(ラック・ヴィエン)』より引用
  • 島内啓子についての回想が彼にそのような姿勢をとらせたのであった。 井上靖『崖(下)』より引用
  • 次郎はそこまで回想しただけで、もう頭がむしゃくしゃして来るのである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 星南は話をしているうちに回想モードに入り込んでしまったようだ。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • あたしはいまここに、あののろわしい夜のことを回想してみることにしよう。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • 彼はその六月四日の夜のことを次のように映像的に回想している。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 一瞬、視線がさまよったのは、回想の方向をさだめかねたのであろうか。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 04』より引用
  • 淀君の表情には一瞬、うっとりとした、なにかを回想するものが走った。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 皿に乗った石けんの泡をこごえるような水で流しながら、八巻は回想する。 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • 同様な証言はチチハルでソ連軍参戦を迎えた大心池洋氏の回想の中にもある。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 回想は又、広い台所の炉辺ろばたの方へもおげんの心を連れて行って見せた。 島崎藤村『ある女の生涯』より引用
  • いいにおいではなかったが、回想すると、失われた日本のかおりである。 星新一『きまぐれ遊歩道』より引用
  • その原因が派閥の対立にあることを、回想録ではくり返して書いている。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 佐藤師団長は、この撤退問答について、回想録に次のように記している。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 次へ »