回想法

28 の用例 (0.00 秒)
  • つまり、回想法を行うことで介護度を維持・改善しようとしてきた。
  • 回想法は、楽しいおしゃべりを基本としているため、場所や費用を必要としない。
  • 回想法はそれ自体では、認知症を改善するものではない。
  • ADLを維持するためにも10歳~15歳の記憶を維持することが回想法の目的でもある。
  • 回想法は心理療法の一つとしての利用のみならず、アクティビティ、世代間交流や地域活動として利用されることが多い。
  • 回想法は、カウンセリングと違って、生きてきた軌跡の中でも、明るく輝いていた時代の内容を話題とする。
  • 個人に対して1対1で行う個人回想法とグループで行われるグループ回想法に分けることができる。
  • 調査を行った老人ホームでは、職員が回想法を学び、日常的に昔の楽しいおしゃべりをするように心がけている。
  • 施設において、戦争を体験した入所者に三八式歩兵銃のモデルガンを見せたところ、それまで座ってばかりだった入所者がモデルガンを背負って歩き出すなどしたといい、また、三八式歩兵銃を題材とした回想法も効果を挙げているという。
  • 高齢者への心理療法を行い、回想法の普及に努めている。
  • 札幌明和病院では、うつ病患者を対象として心療回想法を実施しており、医療保険診療で治療を受けることができる。
  • テレビ回想法とは認知症のケア方法のひとつ。
  • 回想法を個別に行なう場合は、介護者が昔の写真や道具を使って話しかける等、非常に大きな人手が必要である。
  • 心療回想法は、10歳~15歳の記憶に含まれるADLの忘却を防ぐことを目的としている。
  • また、10歳~15歳の記憶が鮮明であると、ADLが維持されている臨床状況から、その時代の記憶を刺激することが回想法の基本姿勢とされる。
  • こうした認知症への対応としての心療回想法とともに、回想法は扁桃体を刺激するところから、うつ病への治療として活用されている。
  • 以来、国の登録有形文化財に登録されている旧加藤家住宅を利用した市の回想法センターと合わせて、北名古屋市の「思い出ふれあい事業」の中心として、ユニークな活動を展開している。
  • 日中の散歩などで昼夜リズムを整える、思い出の品や写真を手元に置き安心させる回想法やテレビ回想法などの薬物以外の手段も有効な場合がある。
  • 散歩などによる昼夜リズムの改善、なじみのある写真や記念品をそばに置き安心感を与える回想法や、昔のテレビ番組を見るテレビ回想法など、薬物以外の介入が不眠や不安などに有効な場合もある。
  • 他に老人会の団体や高齢者が個人で介護者などに付き添われて博物館を訪れる「おでかけ回想法」というユニークな試みも実践されている。
  • 次へ »

回想法 の使われ方