回想文

11 の用例 (0.00 秒)
  • 母の死顔の描写も、ほとんど回想文そのままである。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 同じ氏の回想文によれば、三島はテラスに出て半裸のまま遅い朝食をとっていた。 村松剛『三島由紀夫の世界』より引用
  • 母の病状が悪化し、ついに死を迎えるまでの五章の大半は、母を診察して結核テーベと気付く兄の馨を三宅医師に変えたりはしているが、静子の回想文を下敷きにしている。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • また二章の、火事を起しかけた話も、勤労奉仕に出て若い将校からいたわられた話も、ほぼ静子の回想文そのままである。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 「斜陽」では戦後の二十年十二月にかず子と母が伊豆の山荘に移り住むことになっており、戦中と戦後と時代の違いがあるわけだが、山荘における母娘の暮しとその感情の動きは、かなりの部分が静子の回想文からとられている。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • その巻末に、彼はやや長い回想文を付しているが、そのなかで、「この全集に入れてあるのは、あの作を書いた当時の心持に近づけることを主として可成精かなりくはしく訂正してあるから、やゝ自分の意に近いものをここに載せることが出来た」と記している。 島崎藤村『破戒』より引用
  • SF作家仲間たちと西新宿の台湾料理店に集まり、SF的な雑談に興じたが、中でも星の「異常な発想の毒舌発言」はその中でも群を抜いていて、他のSF作家たちの回想文等で神話的に語られている。
  • 作業用の縄を取りに行って難を逃れた女性が後日残した回想文には『色は赤黒く、形はドラム缶に似て、両端には「持つところ」がつき、中ほどには、時計のメーターのようなもの突き出ていて、メーターの針がゆれているのが見られた』とある。
  • 二月二十一日、太宰は下曾我の山荘に静子を訪ね、大判ノートに書かれた日記風の回想文を借り受け、五日間滞在した。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • コンヴィクトからの友人ヨーゼフ・フォン・シュパウンが書き残した回想文からよると、シューベルトは11歳の時、「ベートーヴェンのあとで、何が出来るだろう」と言ったと伝えている。
  • うたた寝をしながら見る湖のほとりの HOTEL SWITZERLAND の夢も、風の強い夜にローザ・ルクセンブルグの「経済学入門」を読み、「この本の著者が、何の躊躇も無く、片端から旧来の思想を破壊して行くがむしゃらな勇気」に奇妙な興奮を覚えるのも、静子の回想文に拠っている。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用

回想文 の使われ方