回想形式

12 の用例 (0.00 秒)
  • 本作は劇場版ポケットモンスターシリーズで現在のところ唯一、回想形式ではあるが戦争を描いた作品である。
  • また回想形式の作品が多く、回想形式でなくとも映画の導入部にナレーションを使うことが多かった。
  • 登場人物にしゃべらせるというのなら、あまり抵抗なく書けるのだが、この殺人は回想形式にしろ、直接の描写でなくてはならない。 星新一『できそこない博物館』より引用
  • 特に1933年に脚本を担当した『力と栄光』では主人公の人生を知人の回想形式で語るという新しい手法を確立、その後の映画脚本に大きな影響を与える。
  • 物語は映画的手法を取り入れた回想形式で進行し、性と暴力、退廃と死の匂いを濃厚に漂わせながら展開してゆく。
  • 被害者のかずを十一人にふやして、まず犯行を描写し、あとから動機を説明するいきかたをとって、少年が不貞の現場を目撃する場面を、とちゅうに回想形式で入れ、そこまで書いたら、十七枚だった。 都筑道夫『猫の舌に釘をうて』より引用
  • 物語は、全ロサンゼルスを恐怖に陥れていた連続殺人鬼ブラインドマン、小学校教師エイドリアン・クレイが逮捕されたところから始められ、エイドリアンの回想形式で進められていく。
  • 本書中にも前からのいきさつは回想形式で出てくるし、独立した一冊として楽しめるよう工夫されているが、やはりなるべくなら正、続と合わせ読んでくださることをおすすめしたい。 ハル・クレメント『一千億の針』より引用
  • ドラマは妊娠した美知留が小さな港町の堤防に立つところから始まり、美知留がシェアハウスで暮らした日々を振り返る回想形式でストーリーが進んでいく。
  • 本作はプレミンジャーの初監督作品となったが、B級メロドラマ的設定ながらも、陰翳の駆使された映像美や、回想形式をも織り込んだ巧みなシナリオにより、密度の高いフィルム・ノワールとして完成した。
  • 「物質転送の研究者が、実験中のアクシデントにより悲劇に見舞われる」という大筋はオリジナルと同様だが、「主人公の急激な変化と苦悩」を回想形式で描いたオリジナルと異なり、本作は「徐々に変化してゆく主人公と、その周囲を取り巻く事象」を時系列に沿って追う。
  • 当初から併映前提で制作され、上映時間が90分以内という制約があったため、主要な物語を詰め込む総集編とせず、楽屋落ちを織り込んだ回想形式の作品となった。