回想場面

12 の用例 (0.00 秒)
  • 映画の回想場面には、このテレビドラマのシーンが使われた。
  • また、原作では各登場人物の過去についての回想場面が多数挿入されているが、映画では省略されている。
  • そのため、北海道の回想場面がよく出てくる。
  • なお、回想場面で赤報隊時代の左之助が「四民平等の世になれば俺も姓を名乗れる」と語っているように当時の左之助は姓がない。
  • ちなみに、デュランダルの目の前でタリアがその男性を紹介して去っていく回想場面の場所はプラントである。
  • 原作では、江川が記録係をした抄読会には出席していないが、78年版ではその抄読会に出席していたことが財前の回想場面から分かる。
  • 回想場面および、『CC FFVII』でもザックスに心配されるほど酔っていた。
  • 彼はブルックリンで育ち、彼の父はバンパーカーの営業をしていて、彼の家はコニーアイランドのローラーコースターの下にあることが、アルビーの回想場面からわかる。
  • その第一作として製作した『路上の霊魂』は同時に進行する出来事をクロスカッティングしたり、回想場面を挿入したりする近代映画の技法をふんだんに取り入れた、日本映画初の芸術大作というべきものだった。
  • 更に、1997年には映画「タイタニック」のサウンドトラックで、ヒロインの回想場面で使用されるスキャットを担当するなどして、より存在感を大きな物としており、一方、それまで数多く発売されたアルバムによって、ジャンルもクラシックからポップス、ジャズと幅広く対応できる事も証明している。
  • 時おり表れる、片親に育てられる孤独な子供としてのジミーが登場するより現実的な回想場面は、このジミーこそが「本当の」ジミーの子供時代であり、「世界一賢い子供」としての活躍は、ジミーの妄想に過ぎないことを示唆している。
  • 作中の老いたフェラル・キッドのマックスに関する回想場面にて、老フェラル・キッド台詞は「マックス=ロード・ウォリアー」と併用した呼称となっている。