回想する場面

9 の用例 (0.00 秒)
  • なお、一徹と伴が左門の結婚式を回想する場面では、教会の外の飛雄馬も描かれている。
  • キバヤシ達を回想する場面が有るものの城不二也版の新MMRについては触れられていない。
  • 先述の梵天丸のシーンは、この第11回や26回「絶体絶命」など、政宗が幼少期を回想する場面で使用された。
  • アニメでは初めてカリン塔を登ったときのことを回想する場面や、悟空が武泰斗に師事していた頃の当時18歳だった亀仙人たちに出会うという、アニメオリジナルストーリーである第129話「時をかける悟空」などでもその姿が描かれている。
  • 彼の1892年作の短編『劇場から帰って』には、登場人物が観劇したばかりの「手紙の場」を回想する場面があったり、1894年作の『黒衣の僧』ではグレーミン公爵のアリアが引用されているなど、この作品への彼の愛着のほどが窺える。
  • 小説には、1945年から1955年にかけてのファミリーの様相と、幼年期から青年期にかけてのヴィトー・コルレオーネを回想する場面とが、交互に描かれる。
  • ストーリーの内容についてもドリームキャスト版から膨らまされ、ステージやボスキャラクターの特徴に関する説明や、エグゼリカやクルエルティアが地球に漂着してから地球人として過ごした日々を回想する場面、クルエルティアとフェインティアの関係についての言及などが追加されている。
  • 本作ではのび太が『のび太の恐竜』、『のび太の宇宙開拓史』、『のび太の大魔境』の話を回想する場面が登場しているが、映画版ではこのシーンはない。
  • 劇中、喜美枝・とし子・恵子が学生時代を回想する場面では、三人娘の初共演作『ジャンケン娘』のシーンがインサートしているが、『ジャンケン娘』では、美空は阿佐見ルリという学生、江利は千明由美という学生、雪村は雛菊という舞妓をそれぞれ演じており、本作の役どころとは違っている。