回想する

430 の用例 (0.00 秒)
  • 明治四十五年頃を青年時代で送った人はどんな心持で回想するでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 幼い頃や若い頃のことを回想すること自体は少しも病的なことではない。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • 歩兵達の多くはこの戦闘の中でもこの時が最も大変なときだっと回想した。
  • 私は静かな眠った港を前にしながら変転に富んだその夜を回想していた。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • その時のことを回想すると僕は今でも悲憤のために体中が震へ出すのだ。 牧野信一『沼辺より』より引用
  • 私は静かな眠った港を前にしながら転変に富んだその夜を回想していた。 梶井基次郎『冬の蠅』より引用
  • そのときのことを回想かいそうしているのだろう、麻奈実は半泣はんなきになっていた。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • だがこうしたロマンチックの方面ばかり回想するのが私の目的ではない。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • 日本人にとって長いそして苦い思いもある百五年を、私は回想していた。 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • よく病気にならずにすんだと、その頃を回想すると、危険な気がします。 木村荘八『私のこと』より引用
  • スウィーニーは爆心地に立ったときのことを以下のように回想している。
  • メアリーの孫の1人は、彼女が深刻な表情で語っていたと回想している。
  • 回想形は過去における継続・習慣・反復を現在から回想する意味がある。
  • ライシャワー自身、一般用としては表記法が複雑過ぎたと回想している。
  • 「丸善に払う為に私は原稿を書き始めたのである」と後に回想している。
  • この時期については晩年、生涯で最も幸福な時期として回想している。
  • 今から回想してみるとそのころの世界はまるで夢のようであった。 徳田秋声『縮図』より引用
  • 当時ラバウルにいた参謀はこの頃の状況を次のように回想している。
  • 病院のベッドに力なく横たわるパットンは、これまでの人生を回想する。
  • 頑固者の父との関係はなかなか難しいものがあったと回想している。
  • 次へ »