回想している

850 の用例 (0.00 秒)
  • そのときのことを回想かいそうしているのだろう、麻奈実は半泣はんなきになっていた。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • スウィーニーは爆心地に立ったときのことを以下のように回想している。
  • メアリーの孫の1人は、彼女が深刻な表情で語っていたと回想している。
  • ライシャワー自身、一般用としては表記法が複雑過ぎたと回想している。
  • 「丸善に払う為に私は原稿を書き始めたのである」と後に回想している。
  • この時期については晩年、生涯で最も幸福な時期として回想している。
  • 当時ラバウルにいた参謀はこの頃の状況を次のように回想している。
  • 頑固者の父との関係はなかなか難しいものがあったと回想している。
  • 後に父による教育は非常に厳しいものであったと回想している。
  • 彼はその六月四日の夜のことを次のように映像的に回想している。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • 他の候補として「飛光よ、飛光」というのも考えていたと回想している。
  • しかし磐は私に似て哲学が好きだった、と母のきみは回想している。 吉田満『鎮魂戦艦大和(上)』より引用
  • 当時の被害教師の一人は、この時の体験についてと回想している。
  • バーグマンはこのときのオーディションの様子を次のように回想している。
  • という良平の体験を、大人になり東京に出てきた良平が回想している。
  • ある路面作業員の親方は、最後の爆発の時のことを次のように回想している。
  • 逮捕後の取調べ時には、この時期が人生で最も充実していたと回想している。
  • 運動は苦手で運動会の競争はいつもビリから二番目だったと回想している。
  • あれから一年が経った今でも、安さんを埋葬した時のことを夢の中で回想している。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 小津は、この頃から画面のポジションが決まってきたと回想している。
  • 次へ »

回想している の使われ方