回想される

56 の用例 (0.00 秒)
  • 三年前の其の時の自分の心の有様などが此等これらの見せ物によつて回想された。 宮地嘉六『煤煙の匂ひ』より引用
  • 第3部ではチェロの小カデンツァに続いて、第1部が簡潔に回想される。
  • ラザーリは、現在では時おりオペラ作曲家として回想されるにすぎない。
  • 曲末で愛の場面の音楽が短く回想される。
  • 中村大尉の脳裏には、戦車連隊のことが回想されていた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 冒頭と同じテンポになり、静かで暗い雰囲気の中、序奏が回想される。
  • この幸運がなければ工作隊に踏破は不可能だったと回想された。
  • 本作の概要は、のちの作品でも橋本の前科について触れられるたびに回想されている。
  • といふ言葉を聞くと私の胸には、あのR漁場の生活が猛々しく回想されて不思議な力を覚えた。 牧野信一『R漁場と都の酒場で』より引用
  • 奇妙なことに、それを読んだ三年前の季節の部屋の容子とその頃の心のありさままでこまごまと彼には回想されるのであったが、それは殆ど現在の彼と異っていないようでもあった。 原民喜『冬日記』より引用
  • やがて男は徐々に記憶を取り戻し、人妻との不倫関係が回想される。
  • 私はこれらの記憶をいま出来るだけ正確に再現しようとしているのだが、実はこれらの記憶は、これまでに少なくとも二度、今と同じくらいの熱心さで回想されている。 大岡昇平『幼年』より引用
  • コーダでは左手でホ長調のアルペッジョを弾いた後、主題が回想される。
  • 作品の冒頭で、語り手がそれまでに過ごしたことのある様々な部屋が回想されていくが、ここでその後展開する物語の主要な場所がすべて示されている。
  • 展開部のはじめでは序奏の一部が回想される。
  • 二つの魂といえば、ヘッセも敬愛していたゲーテが回想される。 ヘッセ/永野藤夫訳『荒野の狼』より引用
  • とくにテレビの回顧番組なんかを見ていると、なつかしさも感じるが、現在もいずれはあんな程度に回想されるものになってしまうのだなあと思ってしまう。 星新一『できそこない博物館』より引用
  • コーダではそれまでのさまざまな要素が回想されつつ、最後は昂揚して華々しく曲が閉じられる。
  • 歳月のへだたった今日に、微笑をもって回想されるというような点もあることがわかりました。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 何度か訪れたことのある光子の家の猥雑さや彼女の祖母の過去のこと、子の出産を知らされても情愛を感じなかったことなどが回想される。
  • 次へ »

回想される の使われ方