回想されている

18 の用例 (0.00 秒)
  • 本作の概要は、のちの作品でも橋本の前科について触れられるたびに回想されている。
  • 私はこれらの記憶をいま出来るだけ正確に再現しようとしているのだが、実はこれらの記憶は、これまでに少なくとも二度、今と同じくらいの熱心さで回想されている。 大岡昇平『幼年』より引用
  • 扱う銃には特に決まりは無いようで、佐々木小次郎は物干し竿のように長い銃を使っていたと回想されている。
  • ブラジルへと渡るまでの経緯や、ブラジルでの現地調査などのさまざまな体験、さらに後述の亡命を経て第二次大戦後フランスに帰国する頃までの体験のいくつかが、著書『悲しき熱帯』のなかで印象的に回想されている。
  • しかし、彼が1926年に黒海艦隊へ任官したときにはまだ港には駆逐艦や雑役船の姿しかなく「艦隊はどこにあるのだ」という著しい不安に襲われたということが回想されている。
  • また春松は11月から3月までは林業に携わり、家を空ける生活であったとも回想されている。
  • 金田一京助きんだいちきようすけの『石川啄木』には、若いころの啄木の異常な空想癖の話がいくつか回想されている。 大岡信『名句歌ごよみ[恋]』より引用
  • 巖谷國士が同館に通っていたのはこの時代であり、東京セントラル劇場や同館があって、新たに五反田大映劇場が新築されたことが回想されている。
  • 杉本画伯の著書『中村彝の周辺』には、そうしたありし日の画家たちの思い出が回想されている。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • この経験は、海軍大学院の入校経験とともに、36年間の軍務経験の期間中において最も有益な着想を得た経験の1つであると回想されている。
  • この体験については、のちの『演劇的自叙伝』において、1933年のプロレタリア演劇運動からの転向体験と類似したものとして回想されている。
  • 「キリマンジャロの雪」や、死後に出版になった『移動祝祭日』で生き生きと回想されているのが、このパリ時代のことである。 ヘミングウェー/高村勝治訳『勝者には何もやるな/ヘミングウェー短編集3』より引用
  • 空しかったロレンスの生涯しようがいが、死によって一場の夢と消え、文字どおり「無」に帰したところから、すべては回想されているのである。 林望『テーブルの雲』より引用
  • のちに『キリマンジャロの雪』や、死後出版になった『移動祝祭日』で生き生きと愛着をもって回想されているのが、このパリ時代なのである。 ヘミングウェー/高村勝治訳『武器よさらば』より引用
  • このように「としあき」の時代の結束と一体感は荒らし同然の性格を持つ活動と裏表であったことから、当時を知る住人にとっては懐かしくも恥多き肯定否定ないまぜの時代として回想されている。
  • 河東碧梧桐の『子規を語る』には「古白の死」の一章が設けられ、古白の自殺前後の周辺の事情が回想されている。
  • かかる芸術的、学的雰囲気が、幼い魂にいかに豊かな、けれど「いささか重圧的な」感化を及ぼしたかは、第二の長編『夜と昼』の冒頭に、多少の戯画的潤色を加えて回想されている。 ウルフ/大澤実訳『ダロウェイ夫人』より引用
  • のちに、「キリマンジャロの雪」や『移動祝祭日』でこれらの日々が生き生きと愛着をもって回想されている。 ヘミングウェー/高村勝治訳『われらの時代に/ヘミングウェー短編集1』より引用