回想

全て 名詞
5,675 の用例 (0.01 秒)
  • かれはここに至って、その回想が一倍の冷静さを要求することを知った。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 明治四十五年頃を青年時代で送った人はどんな心持で回想するでしょう。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 私は静かな眠った港を前にしながら変転に富んだその夜を回想していた。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • その時のことを回想すると僕は今でも悲憤のために体中が震へ出すのだ。 牧野信一『沼辺より』より引用
  • 私は静かな眠った港を前にしながら転変に富んだその夜を回想していた。 梶井基次郎『冬の蠅』より引用
  • そのときのことを回想かいそうしているのだろう、麻奈実は半泣はんなきになっていた。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』より引用
  • だがこうしたロマンチックの方面ばかり回想するのが私の目的ではない。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • だというのに、どうして私は、こんな意味のない回想をするのだろうか。 奈須きのこ『MELTY BLOOD 虚言の王』より引用
  • 日本人にとって長いそして苦い思いもある百五年を、私は回想していた。 豊田穣『飛行機王・中島知久平』より引用
  • 貴族の娘が描いた革命の回想などはとりあげるに値しないのであろうか。 良知力『向う岸からの世界史 ―一つのの四八年革命史論』より引用
  • 回想はここまでにして、まだ十時にもなっていないが、寝る事にしよう。 奈須きのこ『歌月十夜 56 怪盗淑女』より引用
  • この回想だって、本当にあったことかどうか、彼女にはわからないのだ。 西尾維新『刀語 04 第四話 薄刀・針』より引用
  • よく病気にならずにすんだと、その頃を回想すると、危険な気がします。 木村荘八『私のこと』より引用
  • この回想は、陸軍の一方的な思いこみにすぎぬということも考えられる。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • しかし私は、このような回想を以て私の思想にこじつけようとは思わぬ。 太宰治『苦悩の年鑑』より引用
  • 戦後も昭和三十二年に稲田作戦課長はこんな回想を雑誌に書いている。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • 布告文類だけでなく、革命の回想録も多くはドイツ語で書かれています。 良知力『向う岸からの世界史 ―一つのの四八年革命史論』より引用
  • 読者はこの回想録で、私の経験した事件を残らず読むわけにはいくまい。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 話すべきことも多かったし回想が次から次へと果てしなかったからである。 織田作之助『俗臭』より引用
  • この連載企画の執筆にあたって、これらの回想記をわざと使わなかった。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 次へ »