回廊

全て 名詞
4,128 の用例 (0.02 秒)
  • 回廊内部の広さは、朝堂院を囲む築地塀内の敷地の約四分の一であった。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 広い半円形の回廊で、驚いたことに、その壁には無数の扉が並んでいた。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • あの立体回廊の空間さえ、この遺跡いせきのごく一部にすぎなかったのだろう。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 第1巻 文庫版』より引用
  • 二階へ向う傾斜走路が無人の回廊に巨大な環形動物のように動いていた。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • 彼は自分の時代に戻らずに、自分自身が回廊の歩行者になってしまった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 回廊から帝国中枢部へと抜ける宙点ポイントでの攻撃は敵も予測しているだろう。 田中芳樹『銀河英雄伝説 01 黎明篇』より引用
  • そこには屋根つきの回廊かいろうがあり、しゃれた柱につるが巻きついています。 ジョーンズ『ハウルの動く城02 アブダラと空飛ぶ絨毯』より引用
  • しかしその車はそのまま崩れかかるように回廊の壁に向って突進した。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • この塔へは、天の回廊が通じていないことに、フィリエルは気がついた。 荻原規子『西の善き魔女3 薔薇の名前』より引用
  • ドアから店自体のあいだの回廊には、カーテンが三か所も引いてあった。 大藪春彦『蘇える金狼 完結篇』より引用
  • 多くの広間と回廊かいろうや通路のある大きな建物の一部分の平面図のようだな。 ドイル/延原謙訳『四つの署名』より引用
  • この恐怖の回廊を通り抜け、判事は二枚扉の戸をそろそろと押し開けた。 フーリック/大室幹雄訳『中国梵鐘殺人事件』より引用
  • 気が付くと、彼女はやはり暗い回廊を男と肩を並べて歩いているのだった。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 神の玉座までの回廊は地球を百万周してもまだ最初の扉さえ見つけられない。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 中庭に面した回廊の窓が開いており、そこから雨が激しく降りこんでいた。 三雲岳斗『聖遺の天使』より引用
  • 吹き抜けの二階の回廊にも、同じように警備兵が並び、銃を構えていた。 葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』より引用
  • この墓場さえ突破すれば、もうあと少しで回廊が見えてくるはずだった。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • その奥に続く迷宮第一層への回廊を、ここから見て取ることはできない。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 二階の回廊から、炎の輪に囲まれたふたりを見下ろして、鏡子は言った。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 夫の魂はトンネルのような、回廊のような所をどんどん歩いて行く。 佐藤愛子『冥途のお客』より引用
  • 次へ »