回エリザベス女王

7 の用例 (0.00 秒)
  • 第31回エリザベス女王杯は、2006年11月12日に京都競馬場で行われた競馬競走である。
  • そして第23回エリザベス女王杯にも出走したが、メジロドーベルの8着であった。
  • 第1回エリザベス女王杯の勝ち馬である。
  • その後は4年連続出走となる第32回エリザベス女王杯に出走、前走に続いて後方待機ではなく先行策をとり直線に向くと内から伸びてきたものの、3着に敗れた。
  • 尚、海外からは、ドイツからミスティックリップスとオーストラリアからチンクェチェントの2頭が予備登録を行い、ミスティックリップスは出走辞退、チンクェチェントは選出馬となった後に出走辞退し、前年の第31回エリザベス女王杯に続き2年連続で外国馬の出走なしで行われる。
  • 代表例として、前述のプリテイキャスト、第129回天皇賞のイングランディーレや、第34回エリザベス女王杯のクィーンスプマンテ、それに付いていく形で2着に粘ったテイエムプリキュアなど。
  • 京都競馬場での関西テレビアナウンサーとしてのGI最後の実況になった第34回エリザベス女王杯ではクィーンスプマンテが1着、テイエムプリキュアが2着、ブエナビスタが3着という結果となり、大波乱の決着となった。