回り合

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • だから妙なまわりあわせになったもんだと、思ったことは思ったんです。
  • 曽祖母はまたそれにまわりあわせ、目撃したことがある、という話だった。 ...
  • ハンス・ギーベンラートの組からも二、三の仲間がいなくなるまわり合せであった。 ...
  • けれども、彼らの安全保証は、妙なまわり合せで、私どもの安全をも保証することになるのです。 ...
  • そして偶然、奇妙なまわりあわせで、それはみんなヘラス室から出たのである。 ...
  • 誰の、紫の君んでしょう、だから私は貴方はまわり合せの好い日に生まれた人だと云うんです。
  • ほかの人々にはだれにも出くわしたことのない場所で彼に会うなんて意地のわるいまわりあわせとなげきました。 ...
  • 何でこうなってしまっているのか、何故なぜ裁判官はわかってくれないのかと考えながら、こんな事件にあってしまった回りあわせの悪さを嘆いています。 ...
  • ひょっとすると、偶然そんなまわりあわせになったのではないかと思ってもみたが、レッド・フラワーへも姿を見せると聞いては、もう偶然とは思えなかった。 ...
  • 世の中には、妙なまわりあわせがあるものだ。 ...
  • これも不思議な回りあわせであった。
  • だが、そうだとすりゃずいぶんと奇妙な世のまわりあわせということになるもんでさ、そうじゃないかね、え? ...
  • どうしてマチ子を助けるような、まわりあわせになったんです。 ...
  • 私は運命のまわりあわせを、信じはじめた。 ...
  • 「まわりあわせ」というのには、まったくふしぎなことがある。 ...
  • それゆえ夜食の席でおたがいに話のきこえる距離にすわることになったときはたいへん意地のわるいまわりあわせと考えたのでありました。 ...
  • 狙いがよかったのか、偶然のめぐりあわせか、エウウォランはついにガゾルバ鳥を一羽殺した。 ...