回の入札

9 の用例 (0.00 秒)
  • 第一回の入札に勝ち残った会社を核にして連合を組めば、落ちてしまった会社でも勝ち上がることができる。
  • 従来型の入札方式は、たった一回の入札で仕事を発注する仕組み。
  • 通常の進め方であれば、第二回の入札は第一回に勝ち残った中から、さらに金額の高い順に絞られるはずであるが、本件では変則的な入札が行われたという。
  • 入札者にとっては、開始価格が1円から数百円程度と低額で、しかも1回の入札金額の単位も低額で固定されていることが多いため、多数の入札があっても安価に落札することが可能であるという魅力がある。
  • 第2回の入札公告も行われたが、2011年1月24日の締め切りまでに入札参加者はなかった。
  • 基本的に開始額は低く、また1回の入札で釣り上げられる金額は少額で固定されており、多数の入札があっても落札金額そのものは安くなるが、落札するまでにかかった手数料などの金額を加味すると値引き率が大幅に下がり、商品を購入した場合よりも高くなる場合もある。
  • しかしながら、もともと軟弱な地盤である上に川の両側は住宅密集地で工事用地の余裕が少なく、夏季の集中豪雨や既存店舗の立ち退き問題など難工事が予想され、琉球列島米国民政府が示した計画にも不備があり、4回の入札を繰り返すも施工業者が決まらない事態となった。
  • スポンサー候補は、第一回の入札で概ね10社くらいに絞られ、三菱商事グループにSBI、群栄化学、明治製菓、大塚製薬グループ、伊藤忠グループなどが含まれていた。
  • 再建スポンサーには韓国のCJグループや日本たばこ産業など70〜80社が名乗りを上げ、西村あさひ法律事務所とフィナンシャル・アドバイザーのGCAサヴィアンの音頭によって、スポンサー選定は3回の入札で分けて行われた。