四面楚歌の状況

8 の用例 (0.00 秒)
  • マリア・テレジアはこれを拒否して抗戦しようとするが、四面楚歌の状況にあったため、滅亡を回避するためには割譲に応じて敵の数を減らすしかなかった。
  • とはいえ、クリスチャン4世の臣民にとっては幸いなことに、混乱と四面楚歌の状況にあっても、クリスチャン4世は自分の責務を知りそれを果たす勇気を有していた。
  • 結果として、誠は同級生のみならず、教師や父親まで巻き込んだ、周囲の全員からの近親憎悪・無理解を受ける四面楚歌の状況へと追い込まれていく。
  • 四面楚歌の状況下で錦の御旗を守ったこの事実は成田為三作曲の「秋田県民歌」の三番にも記されているが、戊辰戦争で朝敵とされた旧南部領である鹿角郡や旧亀田藩の流れをくむ由利本荘市の一部などではこの部分が忌避されている。
  • この突然放り込まれた四面楚歌の状況の中で、生存者たちは食料や必需品を手に入れるために知恵を絞りつつ、人類の命運を賭けて奮闘することとなる。
  • 天童頼貞・白鳥長久・蔵増頼真・延沢満延らが輝宗に同調するなど四面楚歌の状況であったが、義光はこれらの攻勢を巧みに退けた。
  • 四面楚歌の状況で数百体のスーパー・バトル・ドロイドをフォースにより吹き飛ばす、鉄拳により一撃で粉砕する、ヨーダとともにコルサントを襲撃した大隊を一蹴するなど、ライトセーバーを用いずとも驚異的な実力を持つ。
  • 当時のアテナイは、スパルタ、アイギナ、ボイオティア、テーバイと敵対する四面楚歌の状況にあった。