四畳半

全て 名詞
1,889 の用例 (0.02 秒)
  • 僕は、それをきくと、女の死体のある元の四畳半に帰って行ったのです。 菊池寛『島原心中』より引用
  • 四畳半に小さな台所が付いた私の部屋よりほんの少し広いだけだった。 深谷忠記『タイム』より引用
  • そう考えると、最も危いのは八畳と四畳半との境界にあたる箇所である。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • 女が下の娘の体を抱いてうつぶせになって、娘たちの四畳半の部屋で寝ていた。 中上健次『岬』より引用
  • 三畳の台所、六畳と四畳半というつくりに、小さな風呂場がついていた。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • 詰所は木造の四畳半ぐらいの広さで、塀に一方を接して建てられている。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第三部』より引用
  • 下女が四畳半いっぱいに二組の床をとると、久兵衛はすぐに横になった。 笹沢左保『地獄を嗤う日光路』より引用
  • お千絵がいいかけた時、隣の四畳半にお篠が男を案内する声が聞えた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 32 十三歳の仲人』より引用
  • 前年の秋に組織から足を洗って半年、私は四畳半の城に立て籠もってきた。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 入ったところは四畳半ほどの広さの土間で、中央にいろりが切ってある。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • 四畳半の小部屋で彼は二、三の部下の士官と静かに酒を飲んでいた。 島尾敏雄『魚雷艇学生』より引用
  • 玄関が三畳で、次が四畳半、奥が六畳という鼻を突くような狭さである。 松本清張『かげろう絵図(下)』より引用
  • お元の部屋は土蔵前の四畳半で、北向きに一間の肱かけ窓が付いていた。 岡本綺堂『鼠』より引用
  • 登美子はそれがいやだったから、六畳を弟にやって玄関脇わきの四畳半に降りた。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • 二階は窓のある三畳の間に茶ぶ台を置き、次が六畳と四畳半位の二間しかない。 永井荷風『濹東綺譚』より引用
  • 四畳半と六畳の二間、三人が住むには狭いというほどではなかった。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 寝る前にもう一度確認したが、やはり窓の外もドアの外も四畳半であった。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 四畳半、六畳、六畳という部屋を襖や障子を開けては見て回ったのです。 松本清張『証明』より引用
  • いずれも四畳半の控部屋を持つ十二畳から十六畳ほどの広さである。 池宮彰一郎『四十七人の刺客(上)』より引用
  • おし殺したような声でいい、さきにたって四畳半のなかへはいっていった。 横溝正史『人形佐七捕物帳 18』より引用
  • 次へ »