四方田

全て 名詞
117 の用例 (0.00 秒)
  • たとえばいま目の前の四方田よもだという男を相手にしてもそうである。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 四方田よもだはそんなこといってたっけねえ、とちょっとだけ視線をそらせた。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 三郎の通称がかぶるのは、庄氏と四方田氏を同族と気づかずに記述した為か。
  • このとき四方田犬彦ら日本の映画評論家たちを北朝鮮に招待している。
  • この他にも、丹生山公田、松永名、に四方田五郎の名が記載されている。
  • キムの声にふくまれている怒りに、四方田よもだは意外そうな顔をした。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 映画史家の四方田犬彦は同級生で、ともに詩の同人誌を刊行していた。
  • キムは、四方田よもだのにやついた顔をはりとばしてやろうかと思った。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 四方田よもだは彼女の目の色の変化には気づかず、言葉をつづける。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 八雲は四方田よもだの顔を見ながら、さも感心したようにいってみた。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 翌日、司令センターにいってみると、四方田よもだが八雲となにごとか話しこんでいた。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • まえに四方田よもだくんがいっていたが、女子寮に忍びこむのに女装するようなものだ。 大野木寛『ラーゼフォン第04巻』より引用
  • 各地で展覧会も開かれ、ここに四方田草炎は本庄を代表する画家として認知されるに至った。
  • 八雲は親しげに四方田よもだの肩を軽くたたいて、観葉植物のほうへいってしまった。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 見ると港をはなれようとしているランチに四方田さんや五味さんといっしょに恵が乗っていた。 大野木寛『ラーゼフォン第05巻』より引用
  • 単純に喜んでいる四方田よもだに、キムは小さく鼻を鳴らした。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 四方田さんの悲鳴ににた声につづいて、五味さんがさけんだ。 大野木寛『ラーゼフォン第05巻』より引用
  • 四方田だの、五味だの、六道だの、この島にはへんな名前の人しかいないんだろうか。 大野木寛『ラーゼフォン第02巻』より引用
  • 四方田犬彦によれば最晩年のミシェル・フーコーの愛読書だった。
  • 文治元年10月24日条の項にその名がある事から、この時点ですでに四方田氏を名乗っていたものか。
  • 次へ »

四方田 の使われ方