四方機車車輛

9 の用例 (0.00 秒)
  • 第一陣となる車両は2006年3月1日に神戸港から輸出され、7月31日より青島四方機車車輛にて国産化が開始された。
  • 青島四方機車車輛は中華人民共和国の副省級市である青島市にあり、その前身は四方機車車輛廠で、ドイツによって1902年に創設された。
  • 上游型蒸気機関車は唐山機車車輛廠、四方機車車輛廠、太原機車車輛廠等で製造され続け、1999年に1772台目の上游型最後の一台を製造し、中国の蒸気機関車製造は終わりを告げた。
  • 例えば川崎重工業から新幹線E2系の技術を導入して、ライセンス生産を行うことで、6年後には、青島四方機車車輛はCRH2A型を日本の協力なしで生産するようになり、川崎重工業との協力関係を終了した。
  • 川崎重工業とともにCRH2A型を60編成受注し、2年間製造した青島四方機車車輛は、独自で製造する技術を得た。
  • 勝利6型蒸気機関車の技術を応用し、1957年に大連機車車輛工廠で改良と設計が行われ、青島の四方機車車輛廠で試製,その後は四方廠で改良が進んだ。
  • ボンバルディアは中国南車集団の子会社の青島四方機車車輛との合弁企業である青島四方龐巴迪鉄路運輸設備有限公司を設立し、Reginaをベースにした8両編成のCRH1型を40編成受注し、2006年に完成させた。
  • これにより青島四方機車車輛と川崎重工業との間の協力関係は終了し、2008年からのCRH2B型、CRH2C型とCRH2E型のCRH2型の車両は青島四方機車車輛が独自に設計、製造したものである。
  • シーメンスと唐山軌道客車によるCRH3C型と青島四方機車車輛によるCRH2C型が参加した。

四方機車車輛 の使われ方