四方木田鶴子

6 の用例 (0.00 秒)
  • しかしその四方木田鶴子さんの姿を今年になってから突然見掛けたのでびっくりしていました。 海野十三『千早館の迷路』より引用
  • 従ってこの物語も終ったわけであるが、四方木田鶴子は妖婦というのでもなく、彼女は古神のためには貞淑な忠実な側妾だった。 海野十三『千早館の迷路』より引用
  • その日記も、一ヶ月程前から始まった四方木田鶴子との交際に関する熱情と反省とが、彼らしい純情の文章でつづってあるだけで、彼がこれから赴こうとする場所については記載がなかった。 海野十三『千早館の迷路』より引用
  • 第三に、四方木田鶴子が去る二十四日、上野駅から栃木県の那谷駅までの切符を手に入れて出掛けたことが分った。 海野十三『千早館の迷路』より引用
  • そして次は一転して、四方木田鶴子の動静について調査を始めたが、これとて千早館と田鶴子とを結びつけてのことではなく、失踪した田川が最近日記帳までに彼女のことを記してさわぎたてているので、或いは田鶴子の動静よりして田川の行方についての示唆が得られるのではないかと思ったのである。 海野十三『千早館の迷路』より引用
  • 四方木田鶴子を信ずるなかれ、近づくなかれ。 海野十三『千早館の迷路』より引用