四方を山

55 の用例 (0.00 秒)
  • 四方を山に囲まれていることから交通の便が悪いことで知られている。
  • ひと口に置賜おきたま地方と呼ばれる米沢藩領は、四方を山に囲まれた盆地である。 藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(下)』より引用
  • 屋上から町並を眺めると四方を山に囲まれた箱庭のような京都の町がある。 高野悦子『二十歳の原点』より引用
  • 四方を山に囲まれているためフェーン現象の影響を受けやすい。
  • 四方を山に囲まれ、地区の中央付近に小さな集落を形成する。
  • 旧・美山町の東部に位置し、四方を山に囲まれた村であった。
  • 目を向けると、四方を山に囲まれた京の街が一望の下に見渡された。 つかこうへい『龍馬伝 野望篇』より引用
  • 四方を山に囲まれ、この道路だけが町を結んでいる。 ディック/仁賀克雄訳『宇宙の操り人形』より引用
  • 四方を山に囲まれた田舎町でも写真家や画家は住んでいて、山鹿のような技術者も学者も住んでいる。 樋口有介『ピース』より引用
  • 北上高地の中南部に位置するため、四方を山に囲まれている。
  • しかし、ここは、四方を山で囲まれているようなものだ。 アリグザンダー『(ブリデイン物語1)タランと角の王』より引用
  • 四方を山に囲まれた土地で、町に通じる道路は3本しかない。
  • 四方を山に囲まれた津山のような内陸には珍しく徳守神社の境内にも鎮座している。
  • 四方を山に囲まれ、街は主に瀬早川・久富木川・秋上川沿いの平野部にある。
  • 四方を山に囲まれ交通の便が悪いが、より制限の大きかった南匯の射場の代わりとして選ばれた。
  • 四方を山に囲まれ「隠し国」とも呼ばれていた。
  • 四方を山に囲まれており、盆地状の地形を形成している。
  • 四方を山に包まれた湖で、しんとしたたたずまいである。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • 星の光をたよりに帰路をさがしてみたが、四方を山にかこまれていて、出ることができない。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(六)』より引用
  • 小国は四方を山で囲まれた小さな町だ。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 次へ »