四方に飛び散り

20 の用例 (0.00 秒)
  • 屋根瓦が四方に飛び散って、通りのこちら側までころがってきている。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • 動物みたいにぶるんと体を振り回すと、雨は水玉となって四方に飛び散った。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • その黒い毛は空中ではりとなり、ヒュンヒュンと四方に飛び散った。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版② 異界から落ち来る者あり 下』より引用
  • いや、銅伯、おゆら、虹七郎こうしちろう、銀四郎はそれぞれ四方に飛び散ったのだが。 山田風太郎『柳生忍法帖(下)』より引用
  • いくつもの視線が、追われたはえのように、未練がましく四方に飛び散った。 安部公房『密会』より引用
  • 火のついた破片が四方に飛び散り、土谷は夢中で地面に伏せた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 中に入っていた水も四方に飛び散った。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • 紫の布切れが火花のように四方に飛び散り、同時に恵子を路面に叩きつけた。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 一瞬、火焔の波が四方に飛び散って、倒れた男を焼き殺した。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 血が、四方に飛び散って、二人の体が赤い服をまとっているように見えたのは、血に染まっているからだった。 赤川次郎『家族カタログ』より引用
  • 破片が四方に飛び散り、中には燃えているものもあった。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • 盥の中のお母さんの手もとでは白いシャボンの泡が冬の日光の中を四方に飛び散っていた。 坪田譲治『新編 坪田譲治童話集』より引用
  • 今の爆発で、炎に包まれた破片が四方に飛び散った。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ02 ダーティペアの大逆転』より引用
  • 蹴散らされたざらめ雪が四方に飛び散り、拳くらいの雪塊が一丈も高く吹き上げられた。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • かっかっ、とひづめの音が鳴ったとたん、茂みの中から黒い光のようなものが四方に飛び散りました。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • 肉片が炎に投じられるたびに、再生屍体蝶羽状輝微粉が四方に飛び散った。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • そのたびに火の粉が四方に飛び散り、火柱を真っすぐ立てて燃え上がった。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • 半透明のかけら欠片かけらが四方に飛び散り、光の粒子となってダンボールの壁へ吸い込まれる。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第06巻 Firefox!』より引用
  • うろこにおおわれた腹が爆発ばくはつするように破れ、四方に飛び散った。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • 鋭い破裂音が響き、それとともに真紅の鮮血が四方に飛び散った。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用