四方に目を配り

6 の用例 (0.00 秒)
  • 発光する壁を背に、四方に目を配りながら、奥へ奥へとゆっくり進んでいく。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ03 ダーティペアの大乱戦』より引用
  • 目標でもあるのか、彼らは四方に目を配りながら、歩を進めていったが、やがて、墓石も尽きようとする森の奥で停止したのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター03 D-妖殺行』より引用
  • 忠行はつくばいの中に端座して四方に目を配り続けていた。 高橋克彦『紅蓮鬼』より引用
  • いとは、猛宗竹の杖に力をこめると、四方に目を配り、炎暑の道を踏みしめていた。 阿井景子『西郷家の女たち』より引用
  • 田島は受付のカウンターにさり気なく手を置き、油断なく四方に目を配りながら、静かに尋ねた。 大藪春彦『血の罠(v1.0)』より引用
  • とりわけ千熊は絶えず四方に目を配り、狼籍者が乱入せば刺し違えても主君を守る気構えがあらわであり、駕籠のなかのお福をほほ笑ませた。 堀和久『春日局』より引用