四斗樽

123 の例文 (0.00 秒)
  • その拍子に彼の身体は蓋をあけている沢庵たくあんの四斗樽の中にはまりこんだ。 ...
  • 四斗樽を船や荷馬車で運んだ時代は、灘の酒も東京止まりだったんです。 ...
  • そしてそれもいっしょくたにして四斗樽へ入れ、〝第二工場〟へ送った。 ...
  • 五つに切った女房の死体をね、四斗樽しとだるの中へ入れて、冷していたのですよ。
  • 親しい者を十人近く連れて飲み歩いたり、四斗樽を据えて酒宴をひらく。 ...
  • しかも大きさは四斗樽しとだるほどあって、棒を通して二人でかついでも、なかなか重い。 ...
  • 酒の普及がこの四斗樽しとだるというものの発明によって、たちまち容易になったことは争われない。 ...
  • 四斗樽しとだるようの物を伏せた上に筆を耳に挟んだ人が乗って、何か高声に叫びますと、皆そこへ集まって来ます。 ...
  • すぐ後から、酒屋の亭主が四斗樽しとだるを車からおろして運び入れて来た。 ...
  • 四斗樽に高粱飯をもらい、ドラム罐を寺の庭にすえつけて風呂をたてた。 ...
  • 僕のところのお勝手は、手ぜまなものだから、四斗樽を玄関へ据えつけた。 ...
  • こも冠りの、にせ正宗四斗樽一本を、金四十円で入れましょうというのだ。 ...
  • その頭がまた四斗樽しとだるのように大きいのです。 ...
  • 酒は白鹿はくしかの四斗樽がまだ何んぼも手え付けへんよつて、何んぼ何んでも飮み切れまい。
  • 此處には四斗樽ほどの大きな圓い金屬製の煖爐が入れてあつた。 ...
  • 地元の祭りの時には、四斗樽の鏡を抜いて酒を振舞い、地域との融和を心がけていたという。 ...
  • お堂の入口に眼をうつすと、小町酒造の献納した四斗樽が数個つまれてある。 ...
  • 次へ