四君子

全て 名詞
49 の例文 (0.00 秒)
  • この一派はとりわけ花鳥画に優れ、四君子と言われる梅・蘭・竹・菊を好んで画いた。 ...
  • この時期に制作された水墨画の画題としては、上述の頂相、祖師像のほか、道釈画、四君子などが主なものである。 ...
  • 画題としては、余白を巧みに使って雲や水を表現した精緻な山水画が多く、その他にも竹・梅・蘭・菊などの四君子を題材として好み、それらを清新に画いている。 ...
  • 絵の変化極めて多く、山水を主とし、あるいは四君子、あるいは人物、好んで漢詩をこれに添える。 ...
  • 隣接する「四君子苑」と呼ばれる茶苑・茶室は東山の緑を借景にした昭和数寄屋の傑作で、春と秋の一定期間に一般公開される。 ...
  • 或る時、師匠から「四君子」と題が出て、三人の弟子は競うてかかりつめたが、誰れよりも早く仕上り、師匠の糸ぐせも巧みに出して、色彩りも鮮やかに人眼を惹いたのは、連之助の仕事であった。 ...
  • 翌年、安積家の四君子図襖絵を米山人はじめ戸田黄山・森川竹窓らと合作している。 ...
  • 四君子のひとつであり、広く文人墨客にも愛された植物で、墨絵や塗り物の茶器、椀などのモチーフとして描かれることがある。 ...
  • そしてその脱俗の雅容は四君子の一にもかぞえられ、または「本は尺八中は笛末はそもじの筆の軸」とも謡われてことにゆかしい性質を持っている。 ...
  • 画は余技であったためその作域は狭く、水墨の四君子、騰鯉図、富士山図、猩猩図などに限られている。 ...
  • 四君子のほかに、鹿の密画が得意である。 ...
  • 妹・小金井喜美子の回想によれば、若き日の鷗外は、四君子を描いたり、庭を写生したり、職場から帰宅後しばしば寄席に出かけたりしていたという。 ...
  • 瓊浦で清人の画家陳逸舟に四君子などの画法を伝授される。 ...
  • 題して剣の四君子という。 ...
  • 現場に居た四君子の一人である高新の証言によると、当時の天安門広場には、鉄パイプ、火炎瓶、ライフル1丁、機関銃1丁があり、民衆は非武装・無抵抗ではなく人民軍と戦闘を行う準備がある程度は整っていた。 ...
  • 人民解放軍が天安門広場に突入する寸前、4人は学生たちに武器を捨てるよう説得する一方、軍と交渉し、「四君子」と呼ばれた。 ...
  • 画は禅僧らしく道釈画や頂相が残されるが、中国文人画風の四君子や山水図など水墨画を得意としのちに田能村竹田が「頗る韵致あり」と嘆賞している。 ...
  • 次へ