四君子

全て 名詞
49 の例文 (0.00 秒)
  • 文人がよく描く四君子などでも一枝一葉さえも真似する事が出来ぬ。 ...
  • お画きになるのは休日の静かな午前などで、その絵はおも四君子しくんしなどでした。 ...
  • 四君子も描いたが、特に梅を好み、作品、記録共によく残っている。 ...
  • 高潔な美しさが君子に似ているとされ、梅、竹、蘭と共に四君子とされた。 ...
  • しかし四君子しくんし御所車ごしよぐるまというあまりにも古典的な柄が不満で、千花は一度袖を通したきりだ。 ...
  • 笹丸はただ信じた、再び4人で「四君子」であるといえる日々が来ることを。 ...
  • 蘭竹画、とりわけ四君子のひとつ蘭画の第一人者として知られた。 ...
  • また絵にも優れ、特に四君子の水墨画を得意とした。 ...
  • 文化人として40歳の時に建設が終了した四君子苑で多くの文化人や茶人をもてなした。 ...
  • また文人画風の墨画も得意とし蘭をはじめ四君子を好んで描いた。 ...
  • 竹は古来四君子しくんしの中の一つとしてあがめられてゐて、坦懐たんくわいにしてしかもふしがあつてしつかりしてゐる、悪いことは少しもない。 ...
  • 郷里の親戚しんせきや知人の家へ行けば、今でも春田のかいた四君子や山水の絵のふすま屏風びょうぶが見られる。 ...
  • 高麗後期には四君子を主題にした文人画が流行った。 ...
  • 宋代には、文人官僚の余技としての、四君子の水墨画が行われた。 ...
  • 父の描いた余り上手でない墨蘭や四君子などを、ぼくも子供の頃、よく見たものだし、柱掛けだの額面などを人から依頼されると、これは大得意で、誰にでも描いてやった。 ...
  • 兄はよく四君子しくんしを画いたり、庭を写生したりしたので、童子が牛に乗って笛を吹いている絵をことによく画きました。 ...
  • 四君子とは、蘭、竹、菊、梅の4種を、草木の中の君子として称えた言葉。 ...
  • 次へ