四十前後だろ

14 の用例 (0.00 秒)
  • 年齢は四十前後だろうが、なかなかの敏腕家だという評判である。 横溝正史『華やかな野獣 他二篇』より引用
  • その男は四十前後だろうか、どんな職業の男か、もちろん判らない。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 見たところ四十前後だろうか。 赤瀬川隼『捕手はまだか』より引用
  • 四十前後だろうが、見たところは老婆のようであった。 笹沢左保『雪に花散る奥州路』より引用
  • 年齢は四十前後だろうか。 吉村達也『トリック狂殺人事件』より引用
  • としは四十前後だろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル09 女王蜂』より引用
  • 年齢は四十前後だろう。 結城昌治『修羅の匂い』より引用
  • 四十前後だろうか。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • 越智は年ごろ四十前後だろう。 横溝正史『華やかな野獣 他二篇』より引用
  • 齢は喜左衛門より少し上で、四十前後だろう。 藤沢周平『夜消える』より引用
  • もう四十前後だろうが、色が白く、ふっくらした体つきで、胸のふくらみもゆたかである。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • 年は四十前後だろう、若いころ煩悩のかぎりをつくしたとは思われないほど枯れた顔をしているが、そうきいて、よく見れば、その眼光にたしかに強い精気がある。 山田風太郎『信玄忍法帖』より引用
  • 年は四十前後だろう、当時はまだ珍しいザンギリ頭の、髯のそりあとも青い、いかにも謹直らしい容貌をしていた。 山田風太郎『明治断頭台 山田風太郎明治小説全集7』より引用
  • レジにいるマスターは、四十前後だろうか。 津村秀介『寝台急行銀河の殺意』より引用