四十八才

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 四十八歳の年齢を迎えて、ようやく運命がひらけてきたように思われる。 ...
  • それはお互いに四十八歳になった今も変わることはありません。 ...
  • あいつが生まれたのは父親が四十八歳のときじゃなかったかな。 ...
  • 四十八歳になった淀君が、そのような感情に巻きこまれるのも当然だった。 ...
  • 草平が四十八歳の時で、振り返ってみればもう三十年近く昔のことになる。 ...
  • あまり大きな声でいいたくないのだが、私は四十八歳である。 ...
  • 四十八歳の劉備は、年の功もあって、色の道にかけても手だれであったろう。 ...
  • まだ四十八歳、書き盛りといっていい若さでの、衝撃的な死であった。 ...
  • そんな私が仕事部屋を持って月のうち何日かをそこで過ごす半独立を形の上で果たしたのが四十八歳のときであった。 ...
  • そして本能寺の変で、信長が命を失ったのは四十八歳だったのだ。 ...
  • 明治十七年四十八歳を以て肺を病んで死んだ時まで変ってはいない。 ...
  • 父は四十八歳にして病いに倒れ、今は脳軟化症による言語障害がある。 ...
  • 「これで出世するわけはないわよね」 荒井はすでに四十八歳になっていた。 ...
  • 北方にはほんとうの年を教えなかったが四十八歳の女とも一夜を共にしたことがある。 ...
  • 四十八歳の私にはすこしさびしい話だが、しかし世の中にはまったく別な考え方もあることを紹介しておきたい。 ...
  • その水島が、四十八歳の時、熱心なフアンと称する若い女性から訴えられた。 ...
  • 翁は大層喜んで、それから誰に遇うても四十八歳だといふといふて居られた。 ...