四十七士

全て 名詞
204 の例文 (0.01 秒)
  • 弥兵衛に惚れ込まれただけで、四十七士の仲間に入ることができたのだ。 ...
  • 鳩巣は同書を単に四十七士の称賛する目的だけで作ったのではなかった。 ...
  • かれが四十七士のうちに入れなかったのは運であろう。 ...
  • 名が残るのであれば、吉良の首をあげた四十七士の誰かに代わって腹を切りたかった。 ...
  • 泉岳寺の四十七士などでも、根はそんな風にしてハップンしたもののようだ。 ...
  • 四十七士のうち、ただ一人大怪我をしたのは、近松勘六であった。 ...
  • 引き上げの最中には、四十七士のうち一人がどこかに消えているが、その理由は謎とされている。 ...
  • 四十七士を羨望せんぼうし、大石を恨むことだけで、今日まで生きて来たのだ。 ...
  • その誰もが本物の四十七士とは似ても似つかぬ美形ぞろいである。 ...
  • それはドイツ皇帝の首を持った四十七士といういでたちだった。 ...
  • 捕虜の中には偽名を使うものも多く、赤穂四十七士の名をかたる一団もいた。 ...
  • 四十七士の一人である武林唯七が江戸へ下向する途中、金太という男に絡まれる。 ...
  • 四十七士のちいりのようなこころ持ちで青山にある東氏のマンションに向かった。 ...
  • 四十七士の討ち入りは、あるいはこの女の戦争の男性版にすぎなかったのではあるまいか。 ...
  • 四十七士は吉良邸から引き揚げて、吉良の首を浅野内匠頭の墓前に供えた。 ...
  • 本堂には、本尊の周りに赤穂浪士・四十七士の位牌が並べられている。 ...
  • 四十七士の中では大石良金に次いで若年であり、母妹の世話に苦難したことで知られる。 ...
  • 次へ