四分の三マイル

17 の例文 (0.00 秒)
  • そして四分の三マイル歩いて、本社の建物の正面玄関からあがりこんだ。 ...
  • ジムの位置はそこから四分の三マイルの距離、約千フィート上空だった。 ...
  • ここから駅までは、わずか四分の三マイルですからね。 ...
  • 四分の三マイル下流まで来ると、おれたちは信号の明りをつるした。 ...
  • 本当に結構なんで、ここから四分の三マイル位のところに親戚がありますんで、そこへ行こうと思っております。 ...
  • 彼とハリエットの話もできたし、四分の三マイルの道のりも、四分の一マイルくらいにしか思えなかったはずだ。 ...
  • はじめの四分の三マイルのあいだは、ごくわずかな下り坂で、次に、水平位置から二・五度の角度で、徐々に上り坂となるように作られている。 ...
  • 空港の西側の北端に、第一号ドックからは四分の三マイル、宮殿の門からはそれよりいくらか多く離れて、儀式用スタンドがある。 ...
  • このようにして、十二日の午前十時には、われわれはまた四分の三マイル先の仮キャンプへ前進した。 ...
  • 進航速度は一時間わずか四分の三マイル! ...
  • わずか四分の三マイルだから、五分で行けるだろう。 ...
  • アーカンソー州をだいぶくだった所まで行ったある朝のこと、川が大きく曲ったところに小さな貧弱な町があるのが見えてきたので、おれたちは町から四分の三マイルばかり川上にあった小川の、入口が糸杉の枝でトンネルみたいになったところに、筏を入れてつないだ。 ...
  • 二十一日から二日間、岸の多い岬を横ぎって四分の三マイル、われわれはカヌー群を運んだ。 ...
  • 船尾上部の測程器に、十八・四分の三マイルと出ており、大しょうのまわりから四個の鉄のS字形索止め栓が失くなっていました。 ...
  • 一同が幹道を四分の三マイルほど進むと、それからは何組かに別れて、それぞれ別の枝道にはいりこみ、気味の悪い岩のあいだを飛ぶように走って行って、その道が交わる場所で別の組と出会って、おたがいにわっと声をあげて、おどかしあったりした。 ...
  • それから、あの非業の死が起った部屋を戸口からのぞくことを許可されると、同じように、奥行き四分の三マイル、長さ五十ヤードの大きさに描くが、小路の人たちはこの絵に格別の魅力を覚える。