四人の兵隊

11 の用例 (0.00 秒)
  • 三男とその部下の四人の兵隊の存在そのものが、ものを言ったのである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • そのうしろには、肩に銃をかついだ四人の兵隊がつきしたがっていた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 突然敵のいる方角から四人の兵隊が全逮力で走って来るのをファブリツィオは見た。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • このとき酒保女は先ほどのあの四人の兵隊を認めた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 四人の兵隊たちを制圧しているのが自分の持つただ一挺の機関銃であること、しかもそのヽヽ機関銃がからであることは、まったく彼の念頭にはないらしかった。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • 振り向くと四人の兵隊が馬もろとも倒れていた。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • そして射撃が不意にとだえると、四人の兵隊が身体を低くして、全速力で、兵営にむかって走ってゆくのが見えた。 辻邦生『北の岬』より引用
  • 四人の兵隊が、顧問両名をしっかりと縛り上げた。 フーリック/大室幹雄訳『中国迷路殺人事件』より引用
  • 彼は近くの衛兵所からひとりの伍長と四人の兵隊をつれてきて、彼らをマドレーヌ氏宅の中庭に残しておいて、なにげなくやってきた。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(上)』より引用
  • 元帥に従っている将官のひとりが護衛の驃騎兵二騎と今来た四人の兵隊を従えて敵のほうヘギャロップで駈け出した。 スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』より引用
  • 一人に四人の兵隊が群がったので、泥棒たちは足がもつれてひっくり返ったところを、周吉の丸太ん棒のような太い腕が上からがっと押さえつけた。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用