四〇五号

17 の例文 (0.00 秒)
  • だが、そこには間違いなく〝四〇五号室〟と白いペンキで書いてある。 ...
  • 四〇五号室の扉の前に立つと、ハンカチを取り出して右手に素早く巻きつけた。 ...
  • 四〇五号室から出て来たのは若い男だった。 ...
  • 四〇五号室の前に立つと、ノックをする前にドアが開いた。 ...
  • 四〇五号室の緑色のドアの前に立ったときは、明夫は自分の心臓の音が耳に届きそうな気がした。 ...
  • あかね台団地にも十六号棟の四〇五号室がきっとあるだろう。 ...
  • 朝の光が十六号棟の四〇五号室にそそいでいる。 ...
  • 四階で降り、通路を歩いて四〇五号室を探しながら、綾香はしだいに心を武装した。 ...
  • 酒に酔ってタクシーに乗り込み、運転手があかね台に連れて行ったのも知らずに自分は四〇五号室のドアをあけたのではなかったか。 ...
  • 四階に着き、時枝の家、香苗にとっては実家に当たる四〇五号室へと歩きだす。 ...
  • 七階建のマンションの四〇五号室が、倉田明日香の部屋である。 ...
  • 四〇五号室の前に停まって、チャイムを押した。 ...
  • 見つけたのは、湯浅と共同で東中野ハイツの四〇五号室を使っていた、インテリヤの店の店主だった。 ...
  • 井上は、午前九時きっかりに、マンションの前に立ち、四〇五号室のインターホンボタンを押した。 ...
  • 「大久保東レジデンス」も四〇五号の部屋も、そして時枝も、香苗の記憶の中のそれと現実のそれとの間には、微妙な齟齬そごのようなものがあった。 ...
  • 四谷三丁目と、信濃町しなのまちの中間ほどのところに建つ豪華マンションの四〇五号室に、彼女は、ひとりで、住んでいた。 ...