囃子

全て 名詞
1,311 の用例 (0.01 秒)
  • わたしたちは、その二つの気持を、お囃子のなかで同時に味わっていた。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • 起源はそれぞれの祭囃子が伝承されている地域や団体によって異なる。
  • こうして窓を開けていても、祭り囃子ばやしが入り込んでくる夜は一度もないが。 入間人間『電波女と青春男 第03巻』より引用
  • 村に転居してきた人間が、祭り囃子に浮かれて様子を見に出てくるんだ。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • バラエティ番組などに出演する際には、自ら出囃子を演奏する事もあった。
  • 自宅の電話の保留音はファンだった8代目三笑亭可楽の出囃子にしていた。
  • あの停車場ステイション囃子はやしの音に、何時いつか気を取られていて、それだからでしょう。 泉鏡花『春昼後刻』より引用
  • 振りかえると神楽場の灯と、囃子のとよもしとが手にとるようであった。 倉田百三『光り合ういのち』より引用
  • 曲の前半が相染にあった囃子、後半が湊ばやしという構成になっている。
  • その翌日の晩もまた、お囃子の音が賑やかに宵のうちから響き出しました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 江戸の祭囃子の流れを汲むものとされるが、地方色も加味されている。
  • 女の唄声や囃子はやしが流れて来るのは、その中でもいちばん大規模な小屋であった。 山田風太郎『叛旗兵』より引用
  • 地車囃子には摂河泉三地域それぞれの味があり、様々に評価される。
  • その他、旧村内各地域で祭囃子などの伝統芸能が現在でも保存されている。
  • まだもう少し先という神社からは祭囃子が聞こえてきている。 奈須きのこ『歌月十夜 14 夏祭り3』より引用
  • 引寄せられて慕って来た、囃子の音には、これだけ気の合ったものは無い。 泉鏡花『陽炎座』より引用
  • 各地区によって祇園囃子は若干違いがあり、その地区にしかないものもある。
  • と、彼女の耳に、小気味のいいお囃子はやしと人々の歓声が飛び込んできます。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 番外編 かぐやひめのしゃな (灼眼のシャナ 華焔収録 txt)』より引用
  • お囃子については、戦後の復活時に車町のお囃子を継承している。
  • 当初は看護師との兼業であったが、現在は寄席囃子を専業としている。
  • 次へ »

囃子 で始まる単語