噴出

全て 名詞
3,578 の用例 (0.02 秒)
  • その一方では以下のような境川個人の立場に対する批判も噴出していた。
  • 人間の感情の噴出でもこれに似た現象があるような気がするのである。 寺田寅彦『箱根熱海バス紀行』より引用
  • このように問題点が噴出しており、ここ数年で社会問題化が顕著である。
  • この時、ついに作業隊の怒りは九地建首脳陣に向かって噴出していった。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • そしてそれが見事に外へ向かって噴出するのは、恋愛をした時なのである。 小池真理子『悪の愛情論』より引用
  • フェロモンはかれがドアから入ってきた瞬間に、噴出したにちがいない。 ロッデンベリイ『スター・トレック』より引用
  • 噴出したにちがいなかろうが二日前の晩に雨が降って洗い流されていた。 松本清張『火神被殺』より引用
  • 新たに噴出した雪塊の下から立ち上がった影の正体は、言うまでもない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター17b D-白魔山 下』より引用
  • ふたりはかわしきれなくてついた小傷から噴出する血で血みどろだった。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用
  • 平地の一点において地中の宝がそこに噴出しかけているのかとも思えた。 星新一『城のなかの人』より引用
  • 機体の三個所に設けられた小さなノズルから、白い濃密な煙が噴出した。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ外伝02 ドルロイの嵐』より引用
  • 水の噴出をやめた毘沙門びしゃもんの像が月の光にさらされてきいろく立っていた。 田中貢太郎『水魔』より引用
  • 手が口にあがると、その口から、銀の雨のようなものが大空に噴出した。 山田風太郎『忍法女郎屋戦争』より引用
  • 彼の心の底深く沈潜していたものが一挙に噴出した勢いが感じられた。 村松剛『三島由紀夫の世界』より引用
  • 気分屋としての一面とはまた異質な性情がそこに噴出した感があった。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • 敵を切る幕状の炎を噴出する武器のようだったが、射程距離が短すぎた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • そのさまが、あたかもコロニーから雪が噴出しているように見えるのだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 02 ユニコーンの日(下)』より引用
  • その後第四紀におきた三度の噴火により安山岩が噴出し、山体を作った。
  • 今までどこかに隠れていたエネルギーが、容赦なく噴出し続けていた。 小川洋子『やさしい訴え』より引用
  • 燃えたぎって赤く溶けている地底が、目の前の山から噴出して来るのだ。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • 次へ »